アテネ(ATHENE)

アテネ(ATHENE)の特徴

アテネ(ATHENE)の特徴は「生徒も教師も女性だけ」と「本物の個別指導」ということです。 創立は1983年で、以来一貫した方針を維持しています。 創立のきっかけは、創立者の高校時代にありました。 成績が急落した創立者は、自分だけに合わせたサポートが欲しいと思ったわけです。 大学時代は塾の講師や家庭教師をしましたが、立場上からやりたい事が出来なかったと言います。 生徒と教師のために望ましい制度を作りたいと考えて、現在のアテネの形に行き着きました。 小学校をはじめ、中・高の各段階において無理と無駄のない学習を提案しています。 社会の変化が激しい時では、アテネのきめ細かいサポート力が威力を発揮します。 アテネでは保護者が安心して、自分の娘を通わせられる環境を整えています。 相談しやすい雰囲気を大事にしており、生徒と教師の積極的なコミュニケーションを図っています。 何より生徒も教師も共に女性なので、同性にしか分からない悩みを相談できます。 教室環境としては、落ち着いて学べるよう配慮がされています。 指導法に関しては、弱点をフォローしながら特性を伸ばします。 それが実績にも現れており、高い大学現役合格率を誇っています。 本物の個別指導により、生徒の学びの質が変わります。 それが学習時間の量の壁を壊すことになり、授業の吸収力を高めることに繋がります。 さらに自宅での学習効率がアップするので、学習の絶対量が増加することになります。

アテネ(ATHENE)の教育理念・指導方針

アテネ(ATHENE)の教育理念・指導方針 アテネでは、教育にもセカンドオピニオンを導入するべきと考えています。 塾長の著書の中では、何故女子だけなのかを明らかにしています。 そして26歳で個別指導塾を立ち上げた理由についても述べているわけです。 それは、今どきの子供を見ていて心配になったからです。 小学生をはじめ、中学生や高校生において心配の内容は異なります。 重い病気にかかると、複数の医療機関にかかりたいと考えます。 自分の子供の将来を考える上で、ファーストオピニオンとしての学校だけでは物足りなく感じるものです。 塾や予備校など、セカンドオピニオンの存在はもはや無視できません。 違った角度から子供の可能性を見ることが、新たな才能の発見につながるわけです。 アテネでは課題図書として、小学高学年には大人でも楽しめる本を挙げています。 それは社会的問題提起もあり、深く考える力を養うためです。 中学年クラスでは、障害を持つスポーツ選手の話を取り上げたりします。 障害は難しいテーマですが、社会人として生きる上で避けられない課題です。 特にアメリカなど、海外のスポーツ選手の本を取り上げています。 そして、低学年クラスでは、主に動物に関係する本を課題図書にします。 成犬には3歳児なみの知能があると言われており、低学年の子供が興味をそそられることになります。 何よりも子どもたちの興味が湧くことを大事に、日々の課題に取り組んでいると言えます。

アテネ(ATHENE)の講師について

アテネ(ATHENE)の教育理念・指導方針 アテネの教育方針は教師と生徒は1対2までです。 教師は全員がアテネの卒業生で、近隣の難関高校や大学を出ています。 学びの質の向上を最も必要とするのが高校生だと考えられます。 高校生は最初が肝心であり、高校に入学して一休みしている場合ではありません。 英語をはじめ、数学や国語は高1の最初から大学入試範囲になります。 高校入学前に宿題が出されることもありますが自力でこなすことができなければ要注意です。 中高一貫校では、英語と数学の授業が前倒しされます。 既に1年の先行メリットがあり、普通校出身者は追いつく必要があると言えます。 アテネの教師は、そうしたケースのサポートにも長けているわけです。 大学入試では、共通テストで7割以上の点数が要求されるものです。 難関校になると、8割以上の正解率を確保するのが不可欠です。 それゆえアテネでは定期テストや模試で、常時7~8割以上の得点を目指すことになります。 入試本番で慌てないよう、早めの対策を立てることが肝心になります。

アテネ(ATHENE)のサポート体制

アテネでは中高一貫校生に対し、在学している学校のメリットを最大限に活かしたサポートを行います。 アテネの教師は各学校の特徴に応じて、生徒の成長に合った指導を行うわけです。 また一貫校への受験勉強では、小学生から自立した学習へ切り替えます。 そして中学3年生に対して、高校レベルの前倒し授業をサポートします。 高校2年時には受験モードに入り、苦手強化の克服に努めます。 将にこの時期は、学びの質を変える時期となります。 公立高校の入試を突破するには、バランスの良い学習が大事です。 中学生になったばかりは、所謂中1ギャップに陥りがちです。 アテネの教師は丁寧な指導で、授業につまずかないようサポートします。 中2では主要教科の苦手を克服できるよう取り組み、中間や期末テストで結果を残すことを目指します。 女子中高生の個別指導でアテネが分かったのは、公立中学の上位を目指す学力の養成です。 私立小学校であれば、中高一貫校での学習に備えることが可能です。 アテネでは小学生の個別指導においても、高校や大学受験担当の教師が担当します。

アテネ(ATHENE)のコースと料金

アテネ(ATHENE)の教育理念・指導方針 アテネでは小学生の頃から、全強化に対応可能となっています。 通常の授業では算数などの単元を中心に、分からない単元も加えることが出来ます。 教材に関しては教科書をはじめ、参考書や問題集などなんでも使えます。 苦手な教科に関しては、基礎的なドリルをプラスして学力アップを図ります。 さらに、レベルアップに応じてハイレベルな教材を採用する体制をとっています。 それだからこそアテネの小学生は、テストで80点以上取るのが当たり前になってくるわけです。 中学生にはラジオの英語番組を推奨し、英語を聴く力を養なっています。 聴き続けることで英会話教室に通わなくても、自力で外国人と会話出来るようになるわけです。 特に親子でラジオ英語番組を聴くことが大切で、学校の成績もぐんぐんアップする実績があります。 基礎英語を毎日聴くことで、ヒヤリングの向上が図られます。 それがリーディングにもつながり、英検でも楽に回答できます。 スピーキング力も身につけることができ、実践力を養えるわけです。 アテネの理系女子もラジオの基礎英語を重視しており、今では家族全員が熱心な視聴者になっています。

アテネ(ATHENE)の合格実績

私立大学の入試の競争は激化しており、難関私立大学の文系は文系の人気が高まっています。 一般入試では倍率が低くても3倍であり、高い学部となれば10倍を超えることも珍しくありません。 7割台の得点では歯が立たないことが多く、平均して8割の得点力が必要になります。 アテネのある生徒は難関大学をはじめ、受けた3大学5学部全てに合格しています。 彼女は公立高校に通っていましたが、中高一貫校の他の生徒を押さえて合格を果たしたわけです。 周囲は少し心配していましたが、彼女自身が努力を重ねた結果獲得した偉業と言えます。 入試直前にもアテネの教師の指導の下、英語と国語の記述において毎回確かな手応えを感じていました。 彼女は入試を振り返りながら、記号選択問題だけでは合格はできなかったと述べています。 しっかりと記述力をつけたからこそ、合格の栄冠を獲得できたのだと語っています。 彼女の母親からも感謝の手紙が届き、アテネとの縁がなければ合格できなかったと書かれているわけです。

こんな人におすすめ

アテネでは2016年から、小学生の個別指導を公募しています。 塾長は毎年新聞のカルチャースクールで、小学生の読書感想文教室を開いていました。 そして教育に関して、保護者や生徒にセカンドオピニオンを提案しています。 その経緯は本にもなっており、大手書店で平積みになりました。 アウトプットである記述力を高めるには、自分の中にインプットを蓄えることです。 2月になれば本格的な受験シーズンが到来します。 私立大学の本試験をはじめ、公立高校の推薦試験や私立高校の入学試験と続きます。 時にはセンター試験での不具合や、2次試験での採点ミスが見つかることがあります。 自分一人のミスは、永遠に発覚しないことが多いと言えます。 採点に関しては複数の人間が、複数回確認することになっています。 それでも一度ミスが起こると、発見されにくいのが実情です。

入学・申込までの流れ

アテネでは、体験授業を随時受け付けています。 体験授業を受けることが、個別指導が本当に役立つことを知る機会となります。 体験した生徒からは、今までの学校の授業で分からなかったことが分かったという声もあります。 またどうせ無理だと諦めていたが、出来る気が出てきたという証言があります。 保護者からは娘の弱点を指摘してもらい、助かったと言っています。 そして勉強の仕方を教わることが出来て良かったわけです。 アテネの教師は親の不安を理解でき、具体的な解決策を提示します。 アテネの塾長はフラワーデザイナーでもあり、生徒という花を見事に咲かせることが出来ます。 イギリスの文化にも興味を持っており、イギリスの教育を女子教育に採り入れたいと願うわけです。

アテネ(ATHENE)の口コミ・体験談

実際に通っていた生徒の声をご紹介します。

親身になって丁寧に教えてくれました

生徒も講師も全員女性という安心感からアテネ(ATHENE)に通い始めました。 自分と同じように全員が女性というのに惹かれて来ている生徒が多かったので、友達がすぐにできて良かったです。 親身になって丁寧に教えてくれる講師ばかりだったので、勉強が苦痛ではありませんでした。 自分の弱点を把握してくれた上でフォローをしてくれたり、得意な分野を褒めて伸ばしてくれたりしました。 そのおかげで徐々に成績が伸びていき、無事第一志望の大学に現役で合格することができました。 合格を報告した時は、自分のことのように喜んでくれてアテネ(ATHENE)に通って大正解でした。 お世話になった講師の人たちにはとても感謝しています。 自信を持っておすすめできる進学塾です。

進路相談に親切にこたえてくれてくれました

大学受験の為にアテネ(ATHENE)で学習を受けました。 当初は自分の学力ではどこの大学も合格できないのではないかと考えていましたが、担当してくれた講師が進路相談に親切にこたえてくれたのが良かったです。 学力に見合った大学をピックアップしてくれて、更に学習をすればもっと上の大学も目指せると勇気付けてくれたからこそアテネ(ATHENE)にいた2年間を頑張れました。 学力相談だけでなく、健康状態や生活相談にも乗ってくれて精神的なサポートもしてくれたおかげで希望していた大学に一発合格が出来て嬉しかったです。 大学なんて行けるはずがないと自分で決め付けていましたが、しっかりと学習が出来たおかげで今は大学生活を満喫して夢に向かって歩いています。

学習だけでなく生活相談にも乗ってくれて良かった

大学受験の学習をするためにアテネ(ATHENE)に2年間通っていました。 国公立大学の合格率が90%を超えている予備校だけあって、講義内容がとても充実していたのが良かったです。 学校で学ぶ基礎的なものではなく、常に受験に特化した応用問題ばかりだったおかげでセンター試験対策を通常授業で行なえるのは満足できるものです。 また、ゼミ担当の講師と毎週1回は個人面談があり学習相談だけでなく生活面での不安に感じることを相談できたのが良かったです。 受験前の緊張した精神状態を緩和してくれて、常に勇気付けてくれたからこそ志望校に一発合格が出来たと感じています。 アテネ(ATHENE)は学習指導が一流だけでなく受験生を全面的にサポートしてくれる素晴らしいところです。

Column

最新コラム一覧

大阪経済大学

大阪経済大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「大阪経済大学の受験対策を知りたい」 「大阪経済大学ってどんなところだろう」 「大阪経済大学の特徴はなんだろうか」 これから進学を考えている人の中には、このように思う人もいるでしょう。 そこで本記事では偏差値を中心に大阪…

もっと読む→

摂南大学

摂南大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「摂南大学の偏差値や合格最低点はいくつだろう」 「摂南大学の受験対策はどうしたらいいだろうか」 「摂南大学の名前は聞いたことがあるが、よく知らない」   そんな方に今回は、摂南大学の偏差値を中心に大学の概要を紹…

もっと読む→

追手門学院大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

これから受験を迎える際、追手門学院大学への進学を検討する人もいるでしょう。そんな時に、以下のような疑問を持つことがあるかもしれません。 「追手門学院大学は、どの学問に特化した大学なのだろうか」 「追手門学院大学の入試対策…

もっと読む→

傾向

甲南大学の偏差値を解説|共通テスト利用のボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「甲南大学の受験対策を知りたい」 「甲南大学の名前を聞いたことはあるが、どんなところなのだろう」 「甲南大学の特徴はなんだろうか」 これから大学受験を考えていて、甲南大学も進学候補に入れる方の中にはこのような疑問を持つ人…

もっと読む→

【2021最新】関関同立の偏差値は?|各大学の序列,共通テスト利用ボーダー,倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧