アップ教育企画個別館

アップ教育企画個別館の特徴

アップ教育企画個別館は学習塾業界の老舗でもあるアップ教育企画が展開している個別指導塾です。 ここでは1人の講師が2人の生徒を担当する仕組みとなっています。 解説と演習を交互に行うことで生徒の理解度を高めていきます。 先生に対して生徒はいつでも質問が行えるようになっているので、疑問点を逐一解決できるようになっています。 生徒の目標と学力、個性を把握することで最適なカリキュラムを実施しているのも特徴です。 この個別館で実践されている指導方法の特徴の1つとして、レクチャーノートがあります。 これは集団授業の黒板にあたる存在です。 個別指導では黒板が使用されませんが、このレクチャーノートで授業内容やその説明などが書かれていくので、授業中及び家庭での復習に大きな効果を発揮します。 後々に振り返ると自分だけの参考書が出来ているということが実感できます。 指導環境にもしっかりとこだわりが見受けられるのも大きな特徴となっています。 指導ブースには仕切りと広い空間が確保されており、集中して学習できる環境が整えられています。 自習専用のブースも設けられているので授業の入っていない日であっても、教室が開講している時間内であればいつであっても利用することが出来ます。 塾内には独立型指導ブースや対面型指導ブース、自習ブースなどが用意され必要に応じた利用が可能です。 もちろん、面談を行うブースも用意されており進路指導や学習相談などを行えます。

アップ教育企画個別館の教育理念・指導方針

アップ教育企画個別館の教育理念・指導方針 アップ教育企画個別館の教育理念、指導方針となっているのが「ともに考え、ともに喜ぶ」ということです。 一般に受験勉強は孤独な戦いであると思われてしまうケースもありますが、この個別館では生徒ととも歩んでいくことを重要と考えています。 一人ひとりに合った個別指導を行うことで生徒のやる気を引き出し、学力アップを実現していきます。 学習に集中できる環境づくりはもちろん、バックアップ体制を用意しているのが特徴です。 指導のスタイルは1対2となっていますが、これは2人の生徒に同時に指導を行っていくということではありません。 1人の説明した後にその生徒は演習を行い、もう1人にもその生徒に合わせた内容を指導していきます。 ブースは完全に区切られているので授業を受ける側の印象としては個別で指導を受けていると実感しやすくなっています。 すぐに横には講師がいるので質問があればいつでも可能です。 自分のペースで着実に学力をつけるにはうってつけとの言えるスタイルになっています。 この個別館では学力や目的に応じて個別にカリキュラムが作成されます。 生徒はそれぞれ置かれている状況も目標も異なっているので、いかにカリキュラムにその点を反映させるがポイントになります。 アップ教育企画には様々なカリキュラム作りのノウハウがあるので、有効なカリキュラムを作成しやすくなっています。

アップ教育企画個別館の講師について

アップ教育企画個別館の教育理念・指導方針 アップ教育企画個別館では指導力だけでなく、人間力に関しても優れた人材を採用しています。 難関校の受検を知り尽くしている講師ばかりが在籍しているので、生徒の目標達成へと共に歩いていくことが出来ます。 各教室では毎月講師の研修が行われています。 講師研修は学習塾であればどこでも一般的に行われているものですが、毎月というのは非常に高頻度と言えます。 一般的な塾では多くても年に4回程度の研修が行われることになっていますが、この個別館では毎月、つまり年に12回も研修が実施されていることになります。 研修では指導法や入試問題の解放について研究を重ねます。 自分が解くことと、生徒に教えことでは理解度の深さが異なります。 生徒に指導するには一層深い理解と、かみ砕いた思考が必要となってきます。 教室の枠を超えてより良い指導や学習活動についての活発な議論が繰り広げられることもあり、高い指導力をそれぞれの教室で実践できるようになっています。

アップ教育企画個別館のサポート体制

サポート体制も充実しているのがこの個別館の特徴です。 生徒を支えるオリジナルツールとしてレクチャーノート、コミュニケーションブック、マンスリーレポートの3つがあります。 レクチャーノートというのは日ごろの授業の中で講師が授業の内容や説明などを書き記していきます。 口頭だけでなく、しっかりと書かれることでいつでも確認することが出来ます。 自分だけの参考書がレクチャーノートとして出来上がっていくので、家に帰ってからのサポートにもなります。 コミュニケーションブックには毎回の授業の様子を講師が記入する学習メモが付いています。 そのため、学習メモを確認すれば毎回の授業でどんなことを学んだかを確認出来ます。 そこには保護者の方の要望やコメントを記入する欄もあるので、教室との意思疎通を順調に取ることが可能です。 マンスリーレポートというのは前月の授業内容の指導所感や知らせてくれるツールです。 使用している教材や確認テストの成績に関しても記録されます。 これは家庭への連絡という形になっていますが、生徒にとっても振り返りの機会になります。

アップ教育企画個別館のコースと料金

アップ教育企画個別館の教育理念・指導方針 アップ教育企画個別館では指導コース、特別授業、エクセレントコースの3つが用意されています。 指導コースは最も一般的なコースとなっており、それぞれの生徒に合わせた目標校へのルートをコーディネートしていきます。 必要となる科目、回数、通い方が生徒ごとに異なっており、その内容によって料金も大きく変わります。 まさにオーダーメイドのプログラムを実践している塾と言えます。 特別授業は春、夏、冬の時期にまとめて集中的な学習を行う授業です。 重要なポイントを復習したり、苦手分野の克服をしたりすることが出来ます。 特に冬期特別授業は受験直前ともなるため、重要性が極めて高くなっています。 特別授業の場合は受講回数や受講時間の選択が自由となり、受験生にはより受験に特化した特別講座が用意されています。 エクセレントコースは一部の教室で実施されている1対1のコースです。 このコースではこだわりのある学習空間で一層ハイクオリティな指導を提供しているのが特徴です。 料金も少し高くなりますが、その分行われる授業の水準も一段と向上しているので早期の学力向上にへと繋がります。

アップ教育企画個別館の合格実績

アップ教育企画ではグループ全体を含めて非常に高い実績を挙げています。 その典型例とも言えるのが2018年に東京大学の合格者を30名出していることです。 そのうち5名は東京大学での特に合格が難しいとされる理科III類で合格しています。 もちろん、入塾の際の学力がそれぞれ異なっているため、合格実績だけを見て塾の評価をすることは出来ませんが、充実の設備からしっかりと合格に繋げていることが分かります。 京都大学にも76名もの合格者を出しています。 このうち医学科に合格したのは14名です。 いずれも日本で屈指の難易度を誇る大学、学科といえます。 大阪大学の合格者は97名で、その中で医学科は16名となっています。 アップ教育企画では個別館以外にもプライベートスクールなども運営していますが、それらのノウハウも活用されていることがこの結果にも繋がります。 国公立大学の合計合格者は755名となっており、いかにたくさんの合格者を出しているかが分かります。

こんな人におすすめ

アップ教育企画個別館では生徒一人ひとりに合わせた指導を行っているので、集団指導の塾でペースが逢わなかった方やじっくりと学びたいという方に特にお勧め出来ます。 形式上は1対2ですが、解説と演習を繰り返すことで効果的な個別指導が行われています。 レクチャーノートが自身にとっての参考書となることも大きな特徴です。 家での復習の効率を高めたいという方にお勧めできる要素となっています。 レクチャーノート以外にもコミュニケーションブックやマンスリーレポートといった振り返りに使用できるツールが用意されているので、何をやったか忘れてしまいがちな方にもうってつけです。 1つ1つの授業をしっかりと押さえていくことが学力の向上には重要となります。 自習環境も整えられているので家では手中して勉強できないというタイプの方にもおすすめです。

入学・申込までの流れ

入学するにはまず教室まで訪れるか、電話にて入学の意思を伝えます。 そのまま入学することも出来ますが、無料体験授業を受けることも出来ます。 すぐに入会したいというケースでない限りは、体験授業でこの塾の雰囲気を実感してみるのがおすすめです。 その後は教務スタッフ、生徒、保護者という形で三者面談を行います。 この時に回数や指導科目、テキストなどを決めていきます。 その決定には体験授業での様子が反映されることもあります。 それらが決定したら入学願書と誓約書を提出します。 すると振込案内が郵送されてくるので、入学金と初月学費分の振り込みを行います。 あとは振り込みの控えを教室まで提出すれば入学が完了し、授業が開始されます。