駿台

駿台の特徴

駿台予備校は業界の中でも最大級の規模を誇る全国区の予備校であり、全国トップレベルの国立大学や私立大学への高額実績も最高レベルという特徴があります。 同校の模擬試験は全国規模で開催されているので、入学して模試を受ければ日本全国にいる受験生と切磋琢磨できますし、現在の自分の学力レベルを正確に掴むことができます。 また駿台では現役生と浪人生で別のクラス分けがされていますし、さらに現役生クラスと浪人生クラスの中でも志望校別に細かくコース分けがされているので、自分の志望大学に合せて最適な学習ができます。 さらに入学後のバックアップ体制も全国規模の予備校ということもあって破格の待遇となっています。 家計が厳しい家庭の場合には収入証明書類などを提出し、さらに予備校に通う学生の成績が優秀と認められれば入学金及び授業料の一部が免除される支援制度がありますし、国の教育ローンの利用も可能です。 加えて学生に定期的に大学情報や受験情報などを提供するセミナーを実施したり、有名大学の教授を招いて特別講演会を行なったり、保護者向けの大学受験セミナーを行なったりと、受験生とその保護者に対して志望校へ合格できるように最大限のバックアップをしてくれるのです。 全国の主要都市に開校しているので主要都市に住んでいれば問題なく通えますし、もしも主要都市に暮らしていない場合でも提携している予備校に通えばサテライト授業で主要都市の予備校と同じ授業を受けることができます。

駿台の教育理念・指導方針

駿台の教育理念・指導方針 生徒一人ひとりに対してきめ細かいサポートを実践することを大切にしている予備校であり、全国規模の巨大校でありながら個人サポート学習塾のようなきめ細かいサポートを受けることができます。 生徒一人に対して複数人のスタッフでサポートしてくれますし、生徒がストレス無く学業に専念できるように最高の環境が用意されています。 同校の教室の座席は自由席ではなく指定席になっているので部活動などが忙しくて授業開始ギリギリに到着した場合でも自分の席が確保されている安心感があります。 また受験生の学習到達度や志望大学別にカリキュラムをオーダーメイドで組んで授業を受けることができますし、個別指導コースを受講すれば講師とマンツーマンで授業をして学習能力を高めることができます。 さらに効率的に学習能力を高めたい場合には大人数で映像授業を受講して基礎学力を高めることも可能なので、本当の意味で生徒が効率的に学習できる環境が整っているのです。 また各クラスにはクラス担任というスタッフがおり、クラス担任は日常生活の些細な悩みや相談に応じてくれます。 クラス担任は基本的に現役大学生であり同校のOB若しくはOGなので、受験生と立場が限りなく近いですし、ストレスを抱え込みやすい受験生の精神的なケアに大きく貢献してくれているのです。 総合的に受験生をバックアップしてくれる予備校と言っても言い過ぎではないでしょう。

駿台の講師について

駿台の教育理念・指導方針 同校ではプロフェッショナル講師と呼ばれる講師とティーチングアドバイザーと呼ばれる講師の2段構えで受験生をサポートする点に大きな特徴があります。 プロフェッショナル講師は有名大学などを卒業していて長年学習塾業界に従事している本当の意味でプロと言える講師であり、全体授業や映像授業を主に担当しています。 一方でティーチングアドバイザーは講師室で行われる通常の授業や映像授業とは別の教室で待機している講師であり、教科別に個別指導を行なう専門の講師です。 もちろんこちらもプロの講師ですし、通常の授業や模試などについて解説を行うだけでなく、論述問題に関する指導や効率的な学習方法などについての相談にも対応します。 ティーチングアドバイザーは通常の授業が行われる4月から12月の時期に常駐してくれるのはもちろん、受験生の個別指導ニーズが高まるセンター試験終了前後にも常駐していますし、その後の二次試験も個別サポートをする心強い味方です。

駿台のサポート体制

駿台では一人の生徒に対して専門的な知識を有する複数のスタッフがサポートを行います。 通常の授業を行う講師に加えて海外での生活経験があり、英語力を高めてくれる英語専門のインストラクターや同校のOBやOGがクラス担任として身近な悩みや相談に乗ってくれるクラスリーダー制度、最新の入試情報や受験生の模試の結果などを分析して進路アドバイスをする専任のアドバイザーなどがいます。 これらのスタッフが互いに協力しあって生徒をバックアップするので、一人一人に対してきめ細かいサポートが期待できるのです。 また受験生を徹底的にサポートするだけでなく、家庭との連携も大切にしている特徴があります。 保護者向けの大学入試説明会や保護者会などが定期的に開催されていますし、進路アドバイザーと受験生と保護者による三者面談は1年間に4回も開催されるので、家庭でも大学受験の情報や受験生の現在の学力などを正確に把握できる制度が整っているのです。 加えて大学講師を招いての講習会などの各種イベントも度々開催されるので、受験の情報をいち早くキャッチできます。

駿台のコースと料金

駿台の教育理念・指導方針 現役生クラスと浪人生向けのクラスが用意されており、各クラス毎に科目を選択してコースを受講することになります。 選択可能なコースや授業形態は多岐に及んでいて、どの科目のどのコースをどのくらい受講するのかによって大きく料金体系は変わってきます。 最もリーズナブルなコースでいいますと、映像授業で基礎的な内容を学ぶコースになります。 基礎的な内容と言っても有名講師が講義をしているので着実に実力を身につけることができるので、相場と比較して非常にリーズナブルなコースと考えられます。 一方で駿台のコースの中でも比較的高額な料金になるのが校舎で生の授業を受講しつつ、さらに特別演習まで受講できるコースになります。 通常の授業に加えてプラスアルファの授業を受けることができるので通常のコースや映像のみの授業と比較すると当然ながら受講料金は高額になります。 さらには幾つの科目の講義を受講するのかによって総支払額は大きく変わってきます。 できるだけ節約したい場合には、基礎的な学習は受験生自身が行い、発展的な内容の授業を受講すると良いでしょう。

駿台の合格実績

国公立大学の合格実績が抜群であり、2017年度の合格実績を確認してみますと、合計で国公立大学へ10,000人以上の合格者を輩出しています。 特に難関国立大学への実績については業界の中でも最高レベルであり、東京大学へは1,409人合格者を輩出していますし、京都大学へは1,421人の合格者を輩出しています。 さらに医学部や薬学部等の難関学部へ多くの合格者を出している点も見逃せません。 国公立大学の医学部医学科には1,952人の合格者がいますし、私立大学の医学部医学科の合格者数は2,536人、私立大学の薬学部の合格者数は3,722人という圧倒的な数字となっています。 これらの数字から駿台が如何に有名大学や難関学部への受験対策に秀でているかということがよく分かりますし、国公立大学や有名大学や難関学部への進学を強く希望する場合には同校に入学してしっかり学習することで高い確率で合格できると考えて差し支えないでしょう。

こんな人におすすめ

関西や関東にある有名私立大学への合格を目指す人や国公立大学を目指す人には特におすすめできる予備校です。 同校では志望校別に専用のカリキュラムが設けられているので、もしも自分の志望大学や志望学部専用のコースがあるのであれば迷うことなく通うことをおすすめします。 また駿台は全国規模の予備校であり、通っている生徒数も多いことから同じ受験生同士で競い合って切磋琢磨したいと考えている人におすすめです。 少人数制の予備校と比較して多くのライバルが通うので自分の実力を客観視しやすいですし、モチベーション維持も比較的しやすいので、一人で地味に勉強するよりも大勢で競い合いながら学力を高めたい場合に最適な予備校と言えるのです。 加えて、定期的に開催される模試では自分の実力がはっきりと分かるので、常に自分の実力と志望校までの距離を正確に知ることができます。

入学・申込までの流れ

駿台には現役生向けのクラスと浪人生向けのクラスがあるのでこれらのクラスは機械的に選択をするとして、問題はその後のコース分けです。 特に現役生クラスに入学するためには4月から6月にかけて入学説明会が実施されているのでまずは説明会に参加し、自分の志望大学と入学したいコースを選択し、自分が通う校舎の選択をして申し込みを行います。 申し込みは直接校舎に足を運んでも良いですが、インターネット申し込みが容易なのでおすすめです。 なお入学するコースによっては学力認定が必要な場合があり、駿台が用意した診断テストを受験するか全国規模で開催された模試の成績表などを提出する必要があります。 もしもハイレベルなコースへの入学を考えている場合には入学前から競争が始まっていることを意識しましょう。