学研の家庭教師

学研の家庭教師の特徴

登録選別によって優秀な講師の輩出・子供一人一人に合わせたオーダーメイドスタイルの指導を行っているのが特徴です。 また生徒自身や保護者が抱えている悩み・要望なども講師と教務部が一緒になって支えてくれるので、解決することが出来る信頼のトライアングルの実践を行っています。 学研ならではの学研式だから出来ることがあるのです。 講師陣に関しては毎年多くの学生が家庭教師に登録をし、さらには大学との連携や教えることに特化した求人サイトを自社で運営しているので、独自の方法で優秀な講師を獲得することが可能です。 子供が力を発揮するためには、優秀な講師の育成が必須項目です。 講師には人柄や立派な学歴だけではなく、生徒の学力レベルに合わせて指導する力も必要になります。 また考え方や学習環境にも関わってきます。 定期テストと受験対策に関しては、学研の家庭教師では定期テスト対策は内心点獲得のためだけとは考えていないので、受験勉強の一種であると考えています。 学校で習ったことを理解し、定着させることが受験勉強へとつながっていくのです。 会員は気軽に教務センターに相談することが可能なので、目標達成の手伝いをしてくれます。 講師が指導に関係する悩みを抱えた場合もすぐに教務センターに相談できるような信頼作りを目指しています。 学研の家庭教師では不登校の子供をサポートする専門コースや、高卒認定試験コース、プロ講師コースなどニーズにあった様々なコースがあります。

学研の家庭教師の教育理念・指導方針

学研の家庭教師の教育理念・指導方針 「FOR YOU」を教育理念にしています。 学研の家庭教師は1983年に家庭教師が今ほど世の中に浸透していないときに創業しているのです。 創業時から生徒一人一人の個性を尊重した指導を目指しています。 100人の生徒がいれば100通りの指導法があるという考えのもと、一人一人の学習の悩みに向き合って、様々なニーズに応えることが出来るようにカリキュラムと講師を充実させます。 学研の家庭教師の指導は一人ひとりとなるので、講師はいつも子供の言葉をよく聞いて愛情を持って指導を行っているのです。 つめこみ教育は決して行いません。 わかる喜びとできる自信を伝えるため、まなぶ楽しさを感じてもらうために指導を行っています。 コースは細かく分かれています。 幼児は基礎補修・能力開発・小学校受験です。 小学生は1・2年・3年から6年・国私立小学校補修・公立中学受験・国私立中学校受験にわかれています。 中学生は1年生・2年生・3年生・国私立中高一貫です。 高校生は1年生・2年生・3年生とわかれています。 その他は不登校コース・高卒認定コース・兄弟姉妹同時コース・プロ講師コースなどがあるので、どのような悩みがある人でもその人にあったコースで学習を行うことが可能なのです。 お悩み相談ホットラインも開設しているので、気軽に相談することが可能です。

学研の家庭教師の講師について

学研の家庭教師の教育理念・指導方針 学研ブランドには毎年多くの学生が家庭教師の登録を行っています。 大学との連携や教える仕事に特化した求人サイトを自社で運営しているので、独自の方法で日々たくさんの優秀な講師を獲得しています。 講師の数が多いので必然的に様々なご要望の手伝いをすることが可能で、子供にぴったりな講師を見つけ出すことが可能なのです。 学研の家庭教師では講師の育成をするノウハウがあります。 優秀な家庭教師を生み出すために登録選別を行っています。 家庭教師向きと判断されて、さらに個別に適性検査や面談をクリアした講師が生徒のもとにうかがう仕組みとなっています。 事前の適正によって餞別された講師候補者は、生徒を担当する前にさらに適性検査や学力試験や過去の指導実績等を審査して、綿密な打合せをしてから生徒に紹介するシステムです。 日本心理テスト研究所株式会社の性格審査であるYGPIをずべての講師に行います。 YGPIは結果から性格特長をとらえようという質問紙法型式の性格審査になります。

学研の家庭教師のサポート体制

学研の家庭教師のサポート体制としては、会員は気軽に教務センターに相談することが出来るので、目標達成のお手伝いをしてくれます。 信頼関係の構築をすることが可能です。 講師が指導に関して悩みを抱えた場合でも、すぐに教務センターに相談することが出来るので安心です。 指導実績は約10万人にものぼり、今まで様々な悩みに触れてきているので、どんな困難なことでも一人ひとりに合わせた指導によって個性を伸ばすことが可能です。 生徒や保護者が抱えていた悩みを、講師と教務部が一緒になって支えて乗り越えていく手伝いをしてくれます。 登録講師は常時60,000人をこえていて、指導状況の定期報告を学研の業務部に行います。 教務部は講師に指導管理やミーティングを密に行っていきます。 講師は生徒に対し効果的な指導を行い、保護者には指導状況の報告を行います。 生徒や保護者に講習会や模擬テストを行い、定期的な指導状況の確認を行っています。 生徒と保護者側からは教務部に指導に対する要望や教育相談などをいつでもすることが可能です。 講師に対しても質問・相談・指導に対する要望等をすることが出来ます。

学研の家庭教師のコースと料金

学研の家庭教師の教育理念・指導方針 学研の家庭教師では様々なコースが用意されています。 珍しいところでは不登校コース・高卒認定試験コースです。 不登校対応コースは専門部署がきめ細かなフォローを行い、学研のサポート校「WILL学園」と連動して専門的な知識の情報共有や学習指導内容に活用しています。 センターに相談しやすい環境も安心することが出来ます。 高卒認定試験対応コースとは高等学校卒業程度認定試験の受験サポートコースで、試験対応問題集の用意もあります。 公立中高一貫受験対応コースは小学生のためのコースで、PISA型能力を問う対応の問題集・作文添削なども行います。 幼児コースは小学校受験のコースで学研塾ホールディングスグループの桐杏学園から情報提供を受けてバックアップを行います。 小学校受験はもちろんのこと、能力開発や平時の補修まで早期教育を網羅しているコースです。 どのコースも料金は飛びぬけて高いというわけではなく、一般家庭でも十分に支払うことの出来る習い事レベルの料金設定となっているので、兄弟のいる家庭でも兄弟がみんな通うことが可能となっています。

学研の家庭教師の合格実績

きめ細かな指導を行うことで生徒の実力をアップさせています。 難関校・付属校・国公立上位校への合格者を毎年多数輩出しているのです。 中学受験合格実績では首都圏エリアの国・私立中学校、県立中高一貫校は筑附・学芸大附・慶應SFC等になります。 東海エリアでは海陽中等教育学校・東海中学・滝中学などになっています。 関西地方では大阪教育大付属天王寺・奈良女子大付属・京都教育大付属桃山などです。 高校受験合格実績での首都圏エリアの公立高校は、国立・戸山・新宿などになっており、国・私立高校では早稲田・早大本庄・慶應義塾となっています。 東海地方の公立高校は刈谷・知立東・岡崎北で、国・私立高校は愛知・岡崎城西・名城大学附属です。 関西の公立高校は北野・四条畷・高津などで、私立高校では清風・関西大倉・大阪桐蔭などです。 大学受験合格実績は国公立大学は京都・一橋・お茶の水女子で、私立大学では早稲田・東京理科・学習院などとなっています。

こんな人におすすめ

進学をしたいけれど一人ではどうにもできない人や、あと一歩の努力ができない人、そんな人にとくにおすすめです。 生徒と同じ視点で教育に取り組んでいるので、生徒一人ひとりの無限の可能性を信じて生徒に合った学校選びを共に考えてくれます。 講師と生徒の壁を越えて、目的を共有することで共に進むことが出来ます。 不登校の子供を抱えて悩んでいる方にもおすすめです。 ほかの塾などにはなかなかない、珍しい不登校の子供をサポートする専門のコースがあります。 講師陣・スタッフ陣も専門の体制を整えていますので安心です。 不登校の子供の勉強面だけではなく生活面やメンタル面のサポートも行っていきます。 高卒認定試験コースもありますので、旧大検の試験を受けたい人にもおすすめです。 自己学習だけでは限界を感じている人や本気で一発合格を目指したい人などにおすすめとなります。

入学・申込までの流れ

入学・申し込みまでの流れは電話かホームページより予約をすると、申し込み前に子供に学研の家庭教師の講師かまたは専属スタッフによる体験授業やカウンセリングを受けることになります。 カウンセリング時には豊富な経験と指導実績を生かして、子供の現在の問題点や原因分析を行って、性格・学校・家庭環境から子供にとってベストな講師と指導内容を提案してくれます。 講師が決定したら誓約書の作成を行い、講師研修を行ってから紹介の連絡がきます。 講師と初顔合わせを行って実際に指導がスタートします。 電話はフリーダイヤルなので気軽に問い合わせることが可能です。 学習面での悩みや講師の要望なども相談することが可能で、専門のスタッフが対応してくれるので安心です。