能開個別ホロン

能開個別ホロンの特徴

納会個別ホロンは岐阜県や石川県、長崎県などに教室を持っている個別指導塾です。 この学習塾の大きな特徴となっているのが提案型の学習プログラムです。 ホロンでは入会時に学力診断テストを実施して、それぞれの現在の実力と目標に合わせて学習プログラムを提案しています。 どの単元をどのタイミングで学習するかをはっきりさせて、定期テストや入試に向けての力を速い段階で身に付けられるようにする仕組みです。 また、ホロンでは勉強の仕方を指導しているという特徴があります。 塾に来ていない時でも自分で勉強をすることが出来るように、勉強の仕方を身に付けていきます。 ホロンでは年に3回の全国レベル模試が実施されています。 普段の授業時からも小テストや単元テストなどで理解度をチェックしていき、全国レベル模試では現状で自分の力はどれくらいあるのかを分析することが出来ます。 テストを行ってそれで終わりではなく、徹底したやり直しを行うことで苦手個所の克服も実施していきます。 毎回の授業後にはその日の成果や内容についての振り返りを行います。 これは講師が記録するのではなく、生徒自身が記録する仕組みになっています。 この記録したシートは保護者の方に提出するので、その日どんな勉強をしたのかすぐに分かります。 これは学習内容を意識することだけでなく、考えてまとめる力を付けることにも繋がります。 受講曜日と時間帯を選択できるので部活動や他の習い事との両立もしやすくなっています。

能開個別ホロンの教育理念・指導方針

能開個別ホロンの教育理念・指導方針 能開個別ホロンの教育理念は「困難にたじろがないひとりで勉強できる子に」というものです。 これは勉強の仕方を教えているホロンの指導スタイルと一致しており、生徒1人1人が困難な状況に陥っても自分で解決できる力を付けられるように指導しています。 指導方針は「自調自考」です。 これは「自分で調べて自分で考える」ということを意味します。 学力をどうやって身に付けていくかということに関して、その土台となる体力と体質を高めていくことをホロンでは重要視しています。 決められた学習時間を守ったり、間違いなおしを必ず行ったりといったことは勉強以外においても大切なことであると考え、未来に向けて歩んでいけるように強い体力と体質づくりを行っていきます。 学習を通じて一人一人が自立した人間へと育つことをホロンでは心がけています。 やはり目標は第一志望の合格です。 ホロンでは目標を明白に定めることを非常に重要視しています。 目標に近づくために積み重ねられる日々の努力や格闘を手に出来るように指導を行っていきます。 結果だけでなく、その過程が人生においてプラスになると考えています。 受験の機会は人生における1つの体験の場となるように指導を行います。 能力が異なる1人1人が夢に近づけるように、前に進む力を養えるカリキュラムが構成されています。

能開個別ホロンの講師について

能開個別ホロンの教育理念・指導方針 ホロンの講師は担任と教科担当という形でダブルのサポートを行っています。 担任にあたる講師は学習プログラムを作成して授業をコーディネートします。 教科担当の講師は授業を主に担当しています。 ホロンではチームコーチングシステムを採用しており、複数の先生が学習指導を行います。 担任講師の役割はプログラムの作成、実行状況や進捗の確認、成績管理などを全面的に指導します。 そのため、進路や受験情報などにも精通した方々が担っています。 教科担当のスタッフは担当との情報交換を行いつつ、専門教科の面から徹底して学力のサポートを実行していきます。 それゆえにこの役割を果たすのは主に教科に関する高い指導力を持った方です。 昨今、様々なスタイルの学習塾が登場していますが、このように役割分担がはっきりしている塾は決して多くありません。 それぞれが自らの役割を果たしつつ、適切な情報交換を行い続けることで、生徒を学力的も進路的にもサポートします。

能開個別ホロンのサポート体制

ホロンでは個別カリキュラムを進めていく中で弱点として残った単元に関しては講習会で補っていきます。 個別のカリキュラムだけでなく、講習会でもサポートしてくれるのがこの塾の特徴です。 講習会の内容は担任が作成する講座提案シートで提案します。 そのため、それぞれの生徒に合った内容の講習を行うことが出来ていて、非常に無駄がありません。 ホロンの学習方式はLT方式と呼ばれるものです。 これはLecture(授業)+Test(テスト)という方式となっており、授業をしてそのままではなくテストを行うことで理解度を確認していきます。 学習をしていく中で問題となりやすいのが、自分がどこを分からないのかが分からないという問題です。 いかに充実のサポート体制を整えていても、どこが出来ていないのか気づけなければなかなか効果を発揮しません。 ホロンではテストによって分かっている部分と、理解できていない部分を明らかにするためサポート体制が非常に生きてきます。 また、成績データや講座提案シートなどに詳細な情報が記載されていることも特徴と言えます。

能開個別ホロンのコースと料金

能開個別ホロンの教育理念・指導方針 高校生向けのコースとして受験対策コースと学校対応コースがあります。 受験対策コースでは3年間の学習計画を作ることと家庭学習を充実させること、講座を活用することの3つを重要視して進めています。 各科目ごとに特化し、理解と暗記の両方を進めていきます。 料金は受験対策コースと学校対応コースのいずれに関しても料金が同様になっています。 週2回の場合は35,640円、週3回では51,840円、週4回では68,040円となります。 週2回と週4回では回数において倍となっていますが、料金は倍になっていません。 このことから多いコースになると1回あたりの料金が割安になっていることが分かります。 塾と言えば受験対策のイメージが強いかもしれませんが、学校対応コースも充実しているという特徴があります。 高校1年生の授業内容も大学受験には大きな影響を及ぼします。 そのことから学校で習ったことの消化不良を早期に解決していきます。 このコースにおいても内容と進度は生徒個人個人に合わせて決定します。 テストでの理解度チェックも続けていきます。

能開個別ホロンの合格実績

ホロンではティエラコム全体の合格実績が公開されています。 東京大学や京都大学を含む旧七大帝国大学への合格者数が300名を超えており、前年度よりも増えているケースが非常に多いです。 具体的には東京大学には55名、京都大学には71名、九州大学へは36名の合格者を1年で輩出しています。 他にも名古屋大学や東北大学、大阪大学などの合格者も多数おられます。 また、国公立大学への進学者数は1,700人を突破しています。 2018年度の国公立大学への合格者数は前年度よりも100名以上も増えており、非常に勢いのある塾の1つと言えます。 大学進学の中でも特に難しいとされる国公私立大学の医学部医学科の合格者数も180名に及んでいます。 そのうち国公立大学の医学部医学科の合格者数は117名です。 医学部は他の学部よりも難易度が高いにも関わらず、しっかりと結果を残していることが分かります。 全国各地の大学において合格実績があります。

こんな人におすすめ

能開個別ホロンの大きな特徴となっているのは担任と担当科目の講師がダブルでサポートしていることです。 そのため、勉強で悩んでいる方だけでなく、進路に悩んでいる方にもお勧め出来ます。 担任の講師が生徒のそれぞれの目標や実力から適切なプログラムを組んでいきます。 どの順番で学習を進めれば分からないという方もおすすめです。 加えて教科担当の講師は高い指導力を持っています。 学校の授業の中で分からない部分が出てきている場合にもうってつけとなります。 合格実績を見てみるとと国公立大学への合格者数が多いのが分かります。 従って国公立大学に合格したいという方には特におすすめです。 受験において難しいとされる医学部への合格者数も多くなっています。 医師を志している方が選択する塾としても、しっかりとメリットをもたらしてくれます。

入学・申込までの流れ

インターネット上からはこの塾の資料請求を行うことが出来ます。 申し込みの際にはインターネット、または電話から行います。 電話の際には自分が通う予定の教室に連絡する必要があります。 申し込みを行った後は実際の教室にて学力診断テストを受けます。 これがのちの学習カリキュラムに反映されます。 その後入会カウンセリングを受け、学習目的や希望受講科目などを伝えます。 テストの結果とカウンセリングの内容によってカリキュラムが決定されます。 そこまで進めると個別授業が始まります。 ホロンの授業は1コマ80分となっています。 カウンセリングは入塾の際だけでなく、必要に応じて随時実施されます。 カリキュラムの変更も必要があれば適宜行われます。