東進衛星予備校

東進衛星予備校の特徴

あなたは予備校を選ぶ際にどんな点に重点を置きますか。 予備校選びのポイントとしては、授業の質が高いことや授業がわかりやすいこと、また、講師の人間的な魅力や授業料、通学のしやすさといった点が一般的に重要視されます。 東進衛星予備校ではこれらのポイントすべてを高い次元で実現した新しいタイプの予備校です。 東進衛星予備校は最大の強みは、授業の大部分がビデオによって行われている点にあります。 このことにより、高校3年分の勉強をより短期間で終わらせることができたり、他の予備校のように授業のペースに自分を合わせるのではなく、自分のペースに授業をあわせることができるというメリットが生まれます。 例えば、すでに知っている内容が授業で扱われていれば流して進め、逆によくわからない内容については理解できるまで何度でも繰り返して受講することができます。 そして、高校3年間で学習する範囲の授業が終われば、残った時間を問題演習や復習などに当てることができます。 そして授業は受講生から非常に人気のある講師がそろっており、中に数多くのTV番組に参加している人気講師もいます。 授業のわかりやすさも高く評価されており、現在約10万人もの高校生が受講していることもその証となっています。 授業以外の取り組みとしては、定期試験の実施や担任制の採用など受験に関するさまざまなサポート体制が充実しています。 また、フランチャイズで運営されている塾が全国に約1,000校あり、自宅の近くで授業を受けることができるので通学にとても便利です。

東進衛星予備校の教育理念・指導方針

東進衛星予備校の教育理念・指導方針 東進衛星予備校の教育理念としては、最高の講師陣が合格へと導く「授業」を第一に掲げています。 東進の講師は全国からえりすぐりの大学受験のプロフェッショナルが揃っています。 人気参考書の執筆者や多数のTV番組に出演しているような人気・実力ともに最高レベルの講師ばかりです。 次に、モチベーションを高め、持続させる「担任指導」に力を入れています。 東進では担任による合格指導面談で、最適な学習方法を生徒と一緒に考えます。 さらに日々の学習状況の確認も行い。 「熱誠指導」を合言葉に生徒のモチベーションを高めて維持し、合格までリードする役割を担っています。 また、短期間で知識を確実にものにする「学習システム」を取り入れ、1年を3倍にする高速学習を展開していきます。 東進の約1万種類の授業のすべてをt-PODというシステムにより映像配信することで個別での受講を可能にし、自分のレベルに合った最適な学習ができます。 さらに、自宅学習や1.5倍速のスピード再生ができるので時間を有効活用することができます。 このほかに、学習履歴がひと目で分かる「学力POS」を取り入れています。 これは受講生を合格までサポートする学習管理システムのことで、東進学力POSを活用することで、確認テスト、講座修了判定テストを受けることができるほか、模試の成績の閲覧もできます。

東進衛星予備校の講師について

東進衛星予備校の教育理念・指導方針 予備校を選択する上で最も重要ともいえるのが講師陣の質ですが、東進衛星予備校では人気・実力ともトップレベルの講師を全国からえりすぐってそろえています。 TV番組にも多数出演している「今でしょ!」の講師が有名ですが、他にも個性的で実力があり、かつ魅力的な講師が大勢います。 ある物理の講師は、東京大学理学部物理学科を卒業したエリート講師で、生徒の質問が終わるまで帰らないという力の入れようです。 また、ある古文の講師は過去にメディア等で取り上げられたこともある元暴走族の講師で、なんと4ヶ月の受験勉強で國學院大學に合格し、さらに大手予備校であるYゼミナールに史上最年少、最高得点で合格したという実績を持っています。 さらに、ある英語の講師は戦後最大といわれる英語教育4技能大改革を牽引する中心人物で、全国の英語教員の指導者的役割を担っています。 この講師は、TOEIC4技能すべて満点という実績も持っている英語のエキスパートです。

東進衛星予備校のサポート体制

本校では、受講生が合格までの過程で抱えるさまざまな悩みや相談について全力でサポートする体制をとっています。 その取り組みの一つとして、合格設計図作成システムがあります。 これは受講生が第一志望に合格するための道筋を作成するもので、本校の長年にわたる指導経験と分析をもとに担任の適切なアドバイスを交えながら作成します。 また、授業やテキストでわからなかった部分を質問できるバックアップサービスもあります。 これはフリーダイヤルや校舎スタッフを通して問合せシートで質問ができるもので、質問に対して数時間から1日程度でわかりやすく回答してもらえます。 本校では担任制をとっており、受講生のモチベーションを高めたり、維持することや、合格設計図の進捗状況を管理するといったことと通じて、合格までのさまざまな場面で受講生をサポートする体制をとっています。 受講生は受験に関する悩みや不安について担任に相談し、的確なアドバイスを受けることができるので、誤った学習方法に陥ることを防ぎ、高いモチベーションを維持できるようになっています。

東進衛星予備校のコースと料金

東進衛星予備校の教育理念・指導方針 東進衛星予備校のコースについては、まず通期講座があります。 90分×20回の授業で学力基盤をしっかりと固めるものです。 高速学習によって通常週1回の授業で1年かかる学習を最短2週間から3ヶ月で修了することができます。 次に、入試に必要な基礎学力を効率よく身に付けるための講座として高速マスター基礎力養成講座があります。 この講座では知識とトレーニングの両面から効率的に短期間で基礎学力を身につけるもので、大きく分けると「高速暗記講座」と「高速トレーニング講座」の二つがあります。 インターネットを介して受講するため、自宅のパソコンやスマートフォンで学習することもできます。 また、高速マスター講座では未修得の問題を自動的に抽出することで、弱点を一気に修得できるようになっています。 さらに高速マスター合格力養成講座では、いかに得点力を高めるかに重点を置き、伸びしろの大きい単元ジャンルを集中演習します。 このほかには、学んできた知識や解法を本番の問題で結びつけることができるよう、過去10年分の過去問を演習するか過去問演習講座や、志望校に合わせた実践力を養うための志望校対策特別講座があります。 本校の授業料は、コースごとに設定されており、年間60万円から100万円くらいとなります。 ビデオによる授業としては若干高めかもしれませんが、他の予備校の金額と同程度です。 また受講数に応じた割引もあります。

東進衛星予備校の合格実績

2018年の東進衛星予備校の現役合格実績は、東京大学については725名で4年連続700名を突破しています。 東進生の現役占有率は34.8%で、東大生の2.9人に1人が東進生という計算になります。 そのほかの難関大の現役合格実績としては、京都大学は372名、北海道大学は341名、東北大学は254名、名古屋大学は314名、大阪大学は554名、九州大学は372名、東京工業大学は178名、一橋大学は156名となっています。 これら旧七帝大+2大学の現役合格者数は3266名で、前年と比較して73名増加しており、史上最高の合格者数となりました。 また、医学部医学科の現役合格者数は1205名で前年と比較して6名の増加でこれも史上最高の実績となりました。 そのうち国公立大学の合格者は735名、私立大学は470名となっています。 さらに国公立大学の現役合格者数は14720名で前年度に比べ366名の増加で、うち国立大学は9251名となっています。

こんな人におすすめ

大学入試を乗り切るには適切な学習方法で、適切な学習量をこなさなければなりません。 結局のところ勉強するのは自分なので、どんな予備校に通っても自分で勉強をするという強い意思を持ち続けなければ大学入試を成功させることはできないでしょう。 このような強い意思と適切な勉強方法を見出せる能力が備わった人であれば予備校に通う必要はないかもしれません。 しかし、通常は受験勉強の中でいろいろな試行錯誤をし、またさまざまな悩みを抱えながら孤独に勉強をしているものです。 1人で勉強しているとモチベーションが途絶えたり、また勉強で壁にぶつかって突破できないでいると勉強そのものを投げ出してしまいたくなるものです。 こんなときに予備校があれば、プロが研究した学習方法で効率よく学習できるだけでなく、講師や他の受験生からの刺激を受けて失いかけていた学習へのモチベーションを維持できるのではないでしょうか。 受験を自分ひとりでの孤独な作業の連続ではありますが、同じ志を持つ者との切磋琢磨によって受験を乗り切りたい人には予備校がお勧めできます。

入学・申込までの流れ

東進衛星予備校の入学の申込についてはインターネット上で行うことが可能です。 東進衛星予備校のサイトの入学申込フォームのページにアクセスし、最寄の校舎を検索して申込することができます。 また、入学前の個別面談の無料サービスを毎日実施しています。 大学、学部選びのヒントや生徒の生活スタイルや学力を考慮した勉強の仕方の助言を行います。 このほかに校舎見学、受講プランのシミュレーションも行っています。 なお、本校では入学を希望する高校生を対象に入学時学力診断テスト(無料)を実施し、入学基準点に達した方が入学対象者となります。 その後、受講ユニット・講座を選択して入学願書を提出し、学費の支払い、講座登録、テキストの受け渡しを行い、受講開始となります。

東進衛星予備校の口コミ・体験談

実際に通っていた生徒の声をご紹介します。

東進衛星予備校を利用して第一志望に合格しました。

高校3年生の4月からの1年間「東進衛星予備校」を利用した結果、見事第一志望に合格することができました。 入塾当時は絶対に無理だと思っていた第一志望に合格できたのは「東進衛星予備校」を選んだからだと心から思っています。 特にマイペースな私としてはオンライン講座を活用し自分のペースで学ぶことができた点が何より良かったです。 周囲のペースに惑わされることなく自分のペースで受験当日までの日々を過ごすことができました。 また、参考書を多く執筆されている有名講師の授業の数々は本当に面白くあまり苦労を感じることなく学ぶことができた点も良かったです。 開催された合宿で熱のこもった授業を生で受けられた時の興奮は今でも覚えています。 楽しく実力をつけたい人におすすめの塾です。

東進衛星予備校の担任制のお陰で相談しやすかったです

高校生の時に部活中心で勉強をあまりしていなかったので、部活引退を期に東進衛星予備校に通うことになりました。 ここのおかげで浪人せずに、大学に無事合格できたと思い感謝しています。 なんと言っても、通常の学校のように担任制になっているので入塾してから相談する先生が固定なのが、人見知りの私にはとても助かりました。 おかげで徐々に慣れていき、自分の考えを相談が出来て、その時にあった勉強法を教えて貰えました。 カリキュラムも沢山あり、受験勉強が遅くなった私にでもついて行けるものもあり、授業も分かりやすかったです。 三者面談があった時に父の仕事の予定があり、なかなか難しいところを調整して面談も行ってくれたので、父も母も安心して通わせられたと言っていました。

問題を解くコツを学ぶことができました

大学受験をするときに、高校の授業だけでは志望大学に合格するための偏差値が足りなかったので、東進衛星予備校に通い始めました。 受講する科目ごとに専用のテキストがあり、それに基づいて講義を受けましたが、教科書に記載されているのとは別の解き方を教えてもらうことができました。 求められている解答を導くコツを身に付けることができたので、確実に成績が上がって偏差値も上がりました。 定期的にテストがあって、必要な偏差値を身に付けられているのか確かめることができます。 点数が取れていない部分を分析してもらえるので苦手な部分がわかるようになっており、その部分を徹底的に学ぶ対策がとれました。 自習室も完備されていたので、学校よりも東進衛星予備校にいた方が勉強に集中できました。