個人別指導塾ブレーン

個人別指導塾ブレーンの特徴

ヒューマンブレーングループの個人別指導塾ブレーンの特長はその名が示すように個人別指導を行うのが大きな特長です。 一般的な塾のクラス単位の集団授業では分からないまま授業が進んで着いていけなくなったり、疑問や質問があっても手を挙げ難いという問題だけではなく、生徒全員と密なコミュニケーションを図り手厚い指導を実施するのは事実上不可能です。 また、1対1のマンツーマンの完全な個別指導では、しっかりとした指導を受けるのが期待できる一方で講師に依存しすぎて生徒本人の主体性や自主性が失われてしまう傾向があります。 そんな中でも同校が提唱している個人別指導では、1人の講師に対して2人から4人程度の生徒が受講するというスタイルを採用し、前述の全てのデメリットを克服しています。 同校の個人別指導は少人数のグループによる授業でありながらも講師は担当の生徒ひとりひとりに合わせて指導を行い、苦手なところから授業を受けられるだけではなく、いつでもわからないことがあれば講師に遠慮なく質問できる体制にあるので、即座に疑問点を解決して弱点を克服でき成績アップへと繋がります。 また、同じ目標に向かってまい進する同志やライバルとなる生徒と一緒に授業を受けることで、時には助け合いながら、時には切磋琢磨しながらお互いを高めて行く効果も期待できます。 同校では担当講師は原則として固定としているため、通い続けている期間は一貫した指導が受けられるのも大きなメリットです。

個人別指導塾ブレーンの教育理念・指導方針

個人別指導塾ブレーンの教育理念・指導方針 個人別指導塾ブレーンの教育理念・指導方針は、たとえ100点満点では無くても合格点を確実にクリアすることを第一目標に置いてひとりひとりを大切に育てる方針を掲げています。 受験にありがちな難問や奇問に気を取られていたずらに不要なテクニックを追い求めずに真の受験勉強を追求しているのも大きなポイントです。 同校の授業は、事前に学習プランを作成して学習内容の知識を身につける「Plan計画」、基礎的部分を確認し定着を図るために段階的に練習問題を解いていく「Do授業」、小テストによって内容の理解度を確認し苦手箇所を早期発見、早期解決する「Check確認」、予習、授業で学習した内容を復讐することで類似問題に慣れさせてケアレスミスを防止する「Action復讐」の4つのPDCAサイクルを回して知識の定着を行う個別学習スタイルを採用しています。 個々の生徒のレベルを把握し、1つの内容を4回繰り返すことで学習内容の定着度を上げて、生徒の隠れた学力を引き出すことを目的とし、さらに各教室では自主スペースが毎日開放され、オープン時間内であれば生徒はいつでも利用することができます。 自宅で勉強に集中できる環境が無いなどの理由がある生徒に落ち着いて自主学習できる場を提供し、勉強の絶対量を増やすことを目指して自主学習スペースの提供を行っています。

個人別指導塾ブレーンの講師について

個人別指導塾ブレーンの教育理念・指導方針 個人別指導塾ブレーンの講師は、有名大学を卒業し学校勤務や塾講師など豊富な経験を持った人材が揃っています。 本校の特長である個人別指導を担うことから、メソッドに基づいた授業をしっかりと行えるだけではなく生徒全員の学力を把握し、保護者面談や保護者会で報告を行うことから洞察力や観察力に加えてコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力にも優れています。 また、中学や高校の担任教師のように受験の願書の提出から合否の結果のお知らせ、合格証書の授与までの実務的な手続きも行ったり、生徒との信頼関係を築きながら毎日の学習や目標達成へ向けてのモチベーションアップへのサポートも担います。 毎日開放されている自習スペースでは原則として生徒個人が自主的に勉強する場所ですが、分からないところがあれば質問を受けてくれるなど、一般的な塾と比較して幅広い業務を担当しながら生徒と多くの係わり合いが求められるのも他の塾にはなかなか無い大きな特長です。

個人別指導塾ブレーンのサポート体制

個人別指導塾ブレーンでは毎回の授業だけではなく、サポート体制もひとりひとりに合わせた手厚いものとなっています。 毎日授業が終わると学習指導記録を作成し、授業内容や宿題などを記録して生徒ごとに管理を行っています。 それらの記録をもとに保護者面談や保護者会で定期的に報告が行われ、弱点を克服して成績アップを目指すカリキュラムの作成や将来の進路の選定などに役立てられます。 メール配信システムでは入退室時に生徒が専用のセンサーにカードをかざすと携帯電話やパソコンに入退室情報がメールで送信されるので保護者の方も安心です。 自主学習スペースではオープン時間中に生徒が自由に利用できますが、個人が自主的に勉強できるのはもちろんのこと、分からないところがあれば質問したり補習を受けられるだけではなく、学校の行事や病気などで欠席した分のフォローを受けることも可能です。 また、学校のノートチェックも受け付けており、難しい図表やグラフの描き方や問題解決に役立つ途中式の書き方に加えて、学校の宿題のやり方など細かい指導を受けることもできます。

個人別指導塾ブレーンのコースと料金

個人別指導塾ブレーンの教育理念・指導方針 個人別指導塾ブレーンのコースは、年代別に各種コースが用意されています。 小学生では週2日から3日で全教科を学習する小学生コースを軸に、楽しみながら学べるジュニア学力アップコース、苦手科目の克服を目指す単科受講コース、教科書レベルの内容の定着を目指す基礎学力教科コース、英語に特化した英語コースがあります。 中学生では同じく全教科の中学生コースに加えて、定期テストUPコース、単科受講コースなどがあります。 高校生では全教科の高校生コースの他にも苦手を克服する科目別基礎強化コース、分野別集中特訓コースなど将来の進路を見定めた具体的な目標を定めたコースが特長です。 気になる料金ですが、いずれの年代も全教科を網羅した小学生コース、中学生コース、高校生コースについては一般的な個別指導塾の平均と大きな違いはありません。 その一方で、苦手科目に特化するなどしてカリキュラムが絞り込まれた単科受講コースや英語コースなどは授業時間の絶対数が少なくなることからも当然安くなっており、全教科は求めずに必要な授業だけ受けたいという方にとっては嬉しい料金体系となっています。

個人別指導塾ブレーンの合格実績

個人別指導塾ブレーンの合格実績を2018年実績で見て行くと中学校では西日本エリアの私立、国立では西大和や洛南に加えて星光学院などがあり、県立では岡山操山と岡山大安寺中等に加えて倉敷天城などがあります。 首都圏の私立、国立では筑波大駒場と渋谷幕張に加えて慶応中等部などがあり、都立、県立、区立では小石川中等と区立九段中等に加えて平塚中等などが続きます。 高校を見て行くと西日本エリアの私立、国立では天王寺と三国丘に加えて大手前などがあり、私立では清風南海と洛南に加えて奈良学園などがあります。 首都圏の国公立では学芸大附属や東工大附に加えて日比谷などがあり、私立では早稲田実業やICUに加えて青山学院などが続きます。 大学では東京や京都、大阪に加えて北海道や名古屋に加えて九州があり、さらには筑波や神戸に加えて岡山や広島などもあり、毎年幅広い学校や学部を網羅して数多くの合格者を生み出しているのが大きな特徴です。

こんな人におすすめ

個人別指導塾ブレーンは、従来型の大人数のクラスによる塾では満足な指導を受けられないと感じている方や、個別指導によりひとりひとりに合ったカリキュラムでしっかりとした指導を受けたい方はもちろんのこと、自由に利用できる自主学習スペースで生徒本人が主体性と自主性をもって成績アップを目指したい方におすすめの学習塾です。 なかなか集中して学習できなかったり、勉強したことが身につかない生徒でも、これまで多くの実績を残してきた独自のメソッドであるPDCAサイクルで繰り返して学習をして知識の定着ができるのも大きなメリットです。 また、全ての教科を網羅するコースだけではなく、ひとつの科目だけを学習できる単科受講コースも用意されているので、弱点の克服のみに集中したい生徒や費用を少しでも抑えたい親御さんにもおすすめです。

入学・申込までの流れ

個人別指導塾ブレーンの申込は、まずは随時開催されている説明会または個別説明会に参加し、同校の指導内容などの説明を受けて不明点を解決して納得してから授業見学や体験授業、学力テストの日にちの打ち合わせを行います。 授業見学や体験学習に参加して塾の雰囲気や内容を確認してから学力テストが実施され、生徒の学力の把握が行われます。 また、毎月行われている実力判定テストや季節講習会にも参加可能なので様子を体験することができます。 つづいて担当スタッフからスタート時のコースやクラスについて提案が行われるのに加えて学力テストの結果に基づいて学習のアドバイスが行われます。 ここまでの疑問や不明な点の質問を行い、契約内容に納得し入塾手続きを行えば授業への参加が開始します。