医学部予備校代官山メディカル

医学部予備校代官山メディカルの特徴

医学部予備校代官山メディカルの特徴は以下の12個です。

①1日12時間の徹底指導
②1対9の少人数授業
③医学部に強いプロ講師陣
④14段階レベル別・科目別授業
⑤医学部に特化したオリジナルテキスト
⑥渾身の夜間学習個別指導
⑦親身の二次面接小論文対策指導
⑧医学部受験のノウハウを知り尽くす機会を提供
⑨学院長自らが合格へ導く
⑩一人一台の専用自習個別ブースを用意
⑪英語の偏差値が70を超える指導
⑫医学部ガイダンスの開催

です。

代官山メディカルは授業や自習室など医学部合格に特化した最高レベルの環境を提供している予備校です。
面接や小論文指導はもちろん、夜間の個別指導や学院長自らの学習相談などサポート環境としても最高のものを提供しています。

医学部予備校代官山メディカルの教育理念・指導方針

医学部予備校代官山メディカルの教育理念・指導方針 代官山メディカルの教育理念・指導方針は

「やる気にさせる! 1年で必ず合格させる!」

です。
医学部入試は非常に難しく少しのミスも許されないようなタイプの入試が多く、
受験業界の中でも特殊で、何年間も浪人するのが普通といった業界です。

医学部を志望する学生にとっては医学部に入ることがすべてであり、「落ちてしまったけど大学に入ってからなにか打ち込むものを見つければいいよね」
というような気分ではいられないわけです。

自分の人生がそこで大きく変わるわけですからね。

以上の理由から医学部受験を専門に指導する代官山メディカルでは何よりも結果を重視しています。

1年で合格させるだけのノウハウ・自信があるのですね。

医学部予備校代官山メディカルの講師について

医学部予備校代官山メディカルの教育理念・指導方針 代官山メディカルの講師についても説明します。

代官山メディカルの講師は、医学部に強いプロ講師です。

代官山MEDICALの講師陣は人数にして、総勢60名と医学部専門予備校としてはかなり多く、

その上大学院生などの学生講師ではなく、すべて指導力の高いプロ講師です。

どの先生も質問に並んだりする必要もなく、気さくに答えてくれて、初歩的な質問でも丁寧に解説してくれます。

また、大学別に得意とする講師は異なり、様々な大学で毎年、安定した合格実績を出せる講師メンバーがそろっています。

東京慈恵会医科大・日本医科大合格なら英語は石井先生、数学は薄先生、佐藤先生、化学は節田先生、生物は大森先生、物理は寺澤先生と小澤先生、
東京医科大合格なら、英語は石井先生、数学は高橋 典先生、山室先生、化学は三上先生、生物は緒方先生、物理は寺澤先生というように、

各大学の合格者を輩出してきたメンバーが今年の君を「合格」へ導いてくれます。

これが代官山メディカルが毎年多くの学生を医学部に合格させることができる理由です。

医学部予備校代官山メディカルのサポート体制

代官山メディカルのサポート体制について説明します。

①『学院長+講師+担任』 が、三位一体となって塾生をフルサポート
代官山メディカルでは生徒の学習状況や特性を把握し一人ひとりに適切なアドバイスを行うため、個別担任制を設けています。
担任となるスタッフは生徒の授業での様子、自習時間の使い方、さらには日々の表情まで見逃しません。
生徒の常日頃の様子を授業を担当する講師と連携し見守り、いつもと違う様子にはいち早く気づき生活習慣の改善や学習計画の確認を行い、受験生活を徹底的にサポートします。
加えて、学院長自らが、生徒一人ひとりに声をかけ学習面だけでなく、受験生活全体のアドバイスを行います。
また、ご家庭には毎月1回、生徒の出欠状況や成績に関する情報をお送りしています。ご家庭と情報を共有することで、生徒に今、どのようなサポートが必要なのかを共に考え、二人三脚でサポートしていく環境を作りだしております。

②医学部ガイダンスの開催
代官山メディカルでは毎年、医学部の教授の方や入試広報担当者の先生方をお招きし、学部ガイダンスを行っています。
各医学部の昨年の入試結果や入学者状況、次年度入試変更点をはじめ、新病院の建設や大学の特色を皆さんの前でプロジェクターを使って詳しく説明していただきます。
現場で教鞭をとられている先生の話や医学部生と毎日接しておられる学務課の先生方のお話を身近に聞ける素晴らしい機会をご用意しています。

③OB・OGのバックアップ
代官山メディカルではたまに卒業生を呼んで医学部ガイダンスで話をしてもらうことがあります。
その他にもチューターとして卒業生から1年間の具体的な過ごし方や勉強のアドバイスなど非常に有用な情報を聞くことができます。

医学部予備校代官山メディカルのコースと料金

医学部予備校代官山メディカルの教育理念・指導方針 現役生向けのコースと学費について解説します。

現役生向けのコースには以下のものがあります。

  • 高校3年生東大・国公立医学部クラス
  • 高校3年生私立医学部選抜クラス
  • 高校3年生私立医学部基礎貫徹クラス
  • 高校2年生医学部受験科クラス
  • 高校1年生医学部受験科クラス
  • 中学部医学部進学コース
  • 高校3年生私立歯学部特訓コース
  • 高校3年生私立獣医学部特訓コース
  • 完全1対1マンツーマンコース(全学年)
代官山メディカルの現役生コースは入会金が38,000円(税抜)で、学費は基本的に1講座(80分×4回)23,500円(テキスト代別途)となります。
全学年対象の完全1対1マンツーマンコースのみ料金体制が異なり、10,000円/1時間です。
高卒生向けのコースの場合は非常に料金体系が複雑なため、自分の行きたいコースなどを考えた上で各校舎にお問い合わせください。
年間安くて200万円、最も高いもので600万円弱です。

医学部予備校代官山メディカルの合格実績

代官山メディカルの渋谷校1校舎の合格実績は次の通りです。

信州大医学部 1名進学
東京慈恵会医科大 2名進学
日本医科大 4名進学
昭和大医学部 4名進学
自治医科大 1名進学
東邦大医学部 9名進学
埼玉医科大 8名進学
日本大医学部 6名進学
東京医科大 5名進学
杏林大医学部 6名進学
聖マリアンナ医科大 5名進学
東京女子医科大 5名進学
獨協医科大 5名進学
愛知医科大 5名進学
岩手医科大医学部 4名進学
北里大医学部 4名進学
帝京大医学部 3名進学
国際医療福祉大 2名進学
東海大医学部 1名進学
近畿大医学部 1名進学
金沢医科大 1名進学
関西医科大 1名進学
福岡大医学部 1名進学
川崎医科大 1名進学

こんな人におすすめ

代官山メディカルはこんな人にオススメです。

  • 医学部に絶対合格したい方
  • 厳しい環境で自分を追い込みたい方

入学・申込までの流れ

①申請
②入学願書の提出・送付
③学費納入

医学部予備校代官山メディカルの口コミ・体験談

実際に通っていた生徒の声をご紹介します。

料金
僕が払っていないのでよくわからないのですが、母親が「まあ、しょうがないか」と言っていたので、妥当な金額なのかなと思います。

講師
親身になってくれる先生が多いです。普段授業を受けていない先生からもアドバイスをいただくことができたので、よかったです。

カリキュラム
マンツーマンで授業を受けられるのですが、自分の希望した先生が授業をしてくれないことが何度かありました。兄弟が通った経験のある生徒は優先して希望した先生を割り当てられているみたいなので、不公平だと感じました。

塾の周りの環境
渋谷駅の最寄りですが、校舎までの坂がきついです。また、近くにライブハウス?のような場所があったせいか、柄の悪そうな人がたくさんいました。

塾内の環境
壁は落書きが多く、机の上には前の人が使った消しゴムの残りがそのままでした。また、冬でもエアコンを切られてしまうのはつらかったです。

料金
国立大学並みの授業料であり、高すぎる。高い授業料の割には、授業内容は貧相で、教師もレベルが低く物足りない。ただただ、授業料は高い。

講師
校長のワンマン経営で、他の教師のレベルが低く、それを指摘しても改善の意思が感じられない。

カリキュラム
独自の教材や指導方法で、それが入試の実情に合っていない。どの結果、合格する生徒が極めて少なく、2浪、3浪を繰り返す。

塾の周りの環境
周囲は飲み屋、繁華街で、夜の帰宅時には酔っ払いにからまれ、決して良い環境とは言えない。

塾内の環境
塾は普通のオフィスビルの中にあり、エレベータは小さく、混雑する。フロアが判れていたり、別のビルに行かなければならなかったりで不便。

良いところや要望
校長一人は熱心で、いろいろ考え、自分で動くタイプ。面接なども校長がやる。しかし、実際の授業をする教師陣は、低いレベルで、保護者は話す機会もほとんど無く、生徒しか接しないようになっている。

その他
校長が一人で頑張っている塾であり、教師としては良くても、塾全体としてはレベルは低く、授業料は高く、この塾から医学部を目指すのは難しいと思う。

料金
軽く私立医大の年間授業料近くはかかったと思いますが、1浪目は料金の安さだけで逆に失敗し、さすがに2浪目は色々調べた上で決めたので結果的には最初からこちらの塾にした方がコスパは良かったのかも?と思います。

カリキュラム
とにかく生徒の人数に対する先生の数は大切です。生徒のレベルに合わせてクラス分けを細く設定し、かつ先生の数を増やして貰えればキメ細く目が行き届く結果となります。

塾の周りの環境
渋谷の駅近という立地は良くも悪くも便利で人が多いです。治安の悪い地域ではなかったので、例えば犯罪に巻き込まれる様な事はありませんでしたが、一方で遊ぼうと思えばどうにでもなる環境がすぐ側にあります。

塾内の環境
数校の予備校の見学をしましたが、私が見た中ではどこも個人の勉強スペースがある環境は整っていました。個人ロッカーがあったり勉強部屋ブースもどんなに駅近でもそこまで雑音もなく環境は整っていたと思います。

良いところや要望
徹底した少人数制でした。現在は当時より人気が無かったせいもあり、校長自体が生徒の1人ひとりをかなり把握していました。大学のパイプもあり 試験の傾向と生徒のマッチングまで考えた上での受験校選びは信頼できました。

その他
予備校に関しては大きくは2校を比べる事しかできないので 何とも言えませんが、少なくとも代官山メディカルの教育方針と自分の子どもは合わなくはなかったと思います。

Column

最新コラム一覧

冬期講習 費用

冬期講習の費用が分かる!相場や実際の金額を元予備校生が解説します

「冬期講習は高いって聞いたけど、実際どれくらいの費用がかかるの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 冬期講習の費用は高いと感じるかもしれませんが、志望校の合格水準に達していない受験生は冬期講習を何としても受けた…

もっと読む→

センター試験で時間が足りない人必見!最後まで解ききる方法を教えます!

「センター試験の過去問を解いているけど、時間が全然足りなくて本番が心配だ」 「センター試験は精度が荒くてもいいから全部解ききるのと、途中答案になってもいいから精度を上げるのとどちらが受験対策的にいいのだろうか?」 センタ…

もっと読む→

私立 出願 いつ

入試のスケジュールを把握しよう!2020年度の入試スケジュールを解説!

「受験勉強は順調に進めてるけど、私立大学の出願はいつすればいいのだろう?」 「センター試験が終わってから、私立大学や国立大学の出願までにどのくらい時間があるのだろうか?」 受験が近づいている今、このようなことを考えている…

もっと読む→

センター試験に間に合わない!?短期間でセンター試験で高得点を取る方法を解説!

「センター試験まで残り2ヶ月なのにまだ全然勉強が進んでないよ〜!」 「まだ学校の授業がセンター試験の範囲までやってないけど、過去問いつとけばいいのだろう?」 センター試験まで2ヶ月を切った今、このようなことを考えている受…

もっと読む→

大学講堂

センター試験の結果で私立大学に合格できる?センター利用について合格者が解説!

「第一志望は国立大学だけど、滑り止めとして私立大学も受けておいたほうがいいかな?」 「センター試験の結果で私立大学の入学もできるって聞いたけど本当?」 受験まで残り数ヶ月となった今、受験生の中でこのようなことを考えている…

もっと読む→

私立 出願 いつ

過去問はどうやって使うの?合格への鍵となる過去問の使い方について解説します!

「過去問が大事ってよく聞くけど、本当にそうなのかな?」 「過去問ってどうやって利用するのがいいなだろうか?」 入試まで残り数ヶ月となった今日この頃、過去問に取り掛かろうとしている受験生の中にはこのようなことを持ってる風が…

もっと読む→

マーチ 就職

受験の恐怖心と上手に向き合うことで学力があがる!?早稲田合格者が解説!

「入試までもう残り3ヶ月しかない。不安でいっぱいだ」 「受験に失敗したらどうしよう」 入学試験を数ヶ月後に控えている受験生はいまこのようなことを考えている学生が多いのではないでしょうか? 受験に対する恐怖心とうまく向き合…

もっと読む→

日東駒専 合格 英語

冬期講習って本当に必要?受験まで何をすればいいのか教えます!

「受験までもう時間がないのに、全然勉強が進んでない。予備校の冬季講習を受講した方がいいのだろうか?」 「志望校の過去問も一通り解いたし、ここから受験までは何をすればいいのだろうか?」 受験まで残り2ヶ月ほどに迫った今、こ…

もっと読む→

センター試験7割ってどのくらい!?到達法やそこからの勉強も解説!

来たる1月、ほとんどの受験生にとって避けられないセンター試験がやってきます。 2021年度入試からセンター試験という名前は廃止され、 大学入学共通テストという名前になりますが、現在はまだマークシート式のセンター試験がメイ…

もっと読む→

センター試験5割ってどのくらい!?到達法やそこからの勉強も解説!

来たる1月、ほとんどの受験生にとって避けられないセンター試験がやってきます。 2021年度入試からセンター試験という名前は廃止され、 大学入学共通テストという名前になりますが、現在はまだマークシート式のセンター試験がメイ…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧