ダイエットスタディ

ダイエットスタディの特徴

ダイエットスタディ
ダイエットスタディとは、2003年8月に設立された大学受験専門予備校です。

「ゼロからMARCH以上合格」というスローガンのもとで独自の学習メソッドにより実際に多くの受講生をMARCH以上の難関大学に送り込むことに成功しています。

そこで当塾で行われる学習カリキュラムの特徴をご紹介いたします。


少人数(平均10人)での対話式授業

少人数制の授業により、授業に対して生徒が主体的に参加することが可能となり、効率的な学力の向上が期待できます。

また当塾の授業では講師から生徒に対し常に質問を投げかけるため、緊張感をもって授業に取り組むことができます。

そしてこれらの講師から質問ではその答えの根拠までしっかりと答えることを求めるので、対話を通して問題解決のための根本的な理解を深めていきます。

少人数制を採用しているため講師が生徒一人ひとりの学習状況を逐一把握することが可能となるので、その生徒に適した具体的な学習指導が可能となるのです。


超圧縮カリキュラム

ダイエットスタディでは短期間の受験勉強によって効率的にMARCH以上の大学への合格を目指しています。

そのため、綿密に計画された学習カリキュラムを構築し、遂行していきます。

そこで当塾では、配点の高い英語と暗記により短期に学力の向上を期待できる社会系科目を重視したカリキュラムを採用しています。

志望校合格を目標とする受験勉強においては勉強の割合が非常に重要となります。

当塾では合格という絶対的な目標に向けられた最も効率的な学習を行います。


科学的根拠に基づいた学習カリキュラム

ダイエットスタディでは科学的根拠に基づいたマインドトレーニングを入試の直前まで実践します。

短期間で効率的にMARCH以上の大学合格を実現するために最新の科学に基づいて構築された最適の学習カリキュラムを遂行します。

ダイエットスタディの教育理念・指導方針

ダイエットスタディの教育理念・指導方針 ダイエットスタディは「ゼロからMARCH以上合格」を掲げ、短期間の勉強で効率的に難関大学に合格することを目標に教育理念・指導指針を設計しています。

昨今においてはMARCH以上の大学のレベルが一流企業就職への最低条件であるといわれています。

そのためまずはスタート地点に立つという意味でも、MARCH以上の大学に合格しなくてはいけません。

10ヶ月間という短い時間でいかなる学力の状況からでも逆転合格させるという強い意志のもと、独自のカリキュラムや合格マインドなどの手法によって全力で生徒を支え導いています。

MARCH以上の大学なんか自分には手の届かないと思っていた生徒が一念発起して10ヶ月間を本気で勉強し、合格という結果を掴み取った時には大きな自信がつくことでしょう。

そしてその経験が今後の人生の糧にしてもらいたいという理念が、ダイエットスタディの根底にあるのです。

ダイエットスタディの講師について

ダイエットスタディの教育理念・指導方針 ダイエットスタディでは講師についても大学受験のスペシャリストをそろえています。

採用の際には知識だけでなく、大学受験指導の経験の有無や社会的な人間性などの考慮要素としています。

またダイエットスタディでの授業はすべての講師が当塾の掲げる「ゼロMARCHメソッド」に基づいて、同じ超圧縮カリキュラム、同じ対話式授業を行いブレのない受験指導を全科目において実施しています。

一般的な大手予備校では英語なら「文法」「長文」「構文」、国語なら「現代文」「古文」「漢文」と講師が分かれており、それらの講師の間で授業内容、指導方針が異なる場合が多いので「どの勉強法が正しいのか」「科目にどう優先順位を付けて勉強すれば良いのか」と困惑してしまう生徒が出てしまします。

ダイエットスタディでは長年の受験指導の経験や科学的根拠に基づいて作成された「ゼロMARCHメソッド」を全講師が採用し、同クオリティの授業を実施することで生徒をMARCH以上合格に導きます。


またダイエットスタディでは原則として1人の講師が入試に必要な3教科全ての授業を担当するため、講師と生徒との距離は近いことも特徴です。

当塾に在籍するすべての講師が学習方法の相談や進路相談など生徒1人1人の「MARCH以上合格のために」責任を持って、一生懸命に指導します。

ダイエットスタディのサポート体制

ダイエットスタディでは生徒に専念して受験勉強に取り組んでいただくために様々な観点からサポート体制を敷いています。

まずダイエットスタディではクラスの担任が、そのクラスの科目全てを担当するだけでなく、生徒や保護者の面談や進路相談なども随時行っており、距離が近く精神的な支えとなることを期待しています。

また、生徒の出席状況や毎回授業開始直後に行われるレギュラーテストの成績は、全て専用のサイトに当日中には記録され、保護者も24時間いつでも見ることができ、保護者から相談がある場合には、メールでならば24時間対応してくれます。


さらにダイエットスタディではMARCH以上の大学への合格を保障しており、授業への出席率やレギュラーテストの合格率など塾の提示している条件を満たしているにも関わらず、MARCH以上のレベルの大学に合格出来なかった場合には、翌年の授業料を全額免除します。

これにより経済的な負担の心配なく受験勉強に取り組むことが可能となります。


またダイエットスタディでは自習室についても細心の注意を払っています。

勉強をするための最適な空間を作るために、空調や明るさまでくまなくチェックしています。

そして勉強についてわからない点や疑問点が生じた際には、その場で質問できるほか、メールでの質問は自宅に帰った後でも24時間受け付けており、担当の講師が返信してくれます。

ダイエットスタディのコースと料金

ダイエットスタディの教育理念・指導方針 ダイエットスタディでは様々な生活環境にいる学生のニーズに対応するために3つのコースを開設しています。


夏からコース

このコースは7月下旬から開講するコースです。

火・木・土(17:30~)の授業となります。

1日の授業時間は4時間程度です。

部活を引退して「これから」受験勉強に本気で取り組みたい方向けのコースです。


午後コース

こちらのコースは4月から開講するコースです。

高3生を対象としています。

月水金または火木土の週3回です。

授業時間は前期(4~8月):18:30~21:30、後期(9~1月):17:30~21:30までです。

私大文系受験に必要な英国社3科目を基礎から扱います。


午前コース

こちらのコースも4月から開講のコースで主に高卒生を対象とするコースです。

月水金または火木土で9:00~16:30まで授業を行います。

内容は対話で知識をインプットする授業時間と、問題演習に取り組む自習時間に分かれています。

私大文系受験に必要な英国社3科目を基礎の基礎から扱います。

ダイエットスタディの合格実績

ダイエットスタディは掲げたスローガン通り、毎年多くの受講生をMARCH以上の大学に送り込んでいます

具体的には立命館大学、青山学院大学、明治大学、中央大学、法政大学、立教大学、早稲田大学、学習院大学、慶應義塾大学、上智大学などの難関大学への合格を実現しています。

合格保証対象者のMARCH以上合格率は88.5%という高い数字をたたき出しています。

またダイエットスタディではMARCH以上の大学への合格を保障しており、当塾の定める条件を満たして頂いたにも関わらずMARCH以上に合格できなかった場合、翌年の授業料を全額免除します。

こんな人におすすめ

ダイエットスタディの教育理念は何といっても「ゼロからMARCH以上の大学合格」です。

このスローガン達成のために綿密に設計された学習カリキュラムの下で、入塾時の学力を問わずすべての生徒をMARCH以上の大学に送り込むことを目標としています。

そのため自分にはMARCH以上の大学は手の届かないと思っていあきらめている受験生や、MARCH以上の大学に是非とも合格したいと思っている学生は是非当塾の入塾をご検討してみてください。


また当塾では「夏からコース」を開設しています。

夏まで部活動に専念した生徒もこちらのコースを受講することで、効率的な学習カリキュラムによりMARCH以上の大学合格を目指すことができます。

部活動と受験を両立したいという学生にお勧めです。

入学・申込までの流れ

ダイエットスタディへの入塾をご検討される場合は当塾のホームページ記載の電話番号、メールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。

当塾の入塾に関する資料をお送りいたします。

その後無料の学習相談を実施し、学習状況をお聞きし、当塾のシステムをご説明いたします。

また個別面談の後に無料体験授業にお申込み頂くことも出来ます。保護者様のみ、生徒様のみ、もしくは保護者様・生徒様ご一緒でも構いません。

これらを経て当塾の学習カリキュラムなどにご納得していただけましたら本入会手続きを行い、通塾が開始となります。

ダイエットスタディの口コミ・体験談

実際に通っていた生徒の声をご紹介します。

基礎が本当に大事だな~と実感しました。基本的な英文法のルールを押さえて、レギュラーテストに向けて単語を覚えたり、読み込みを繰り返すことで、成績が上がるのを実感できました。それで、最終的には英語が1番の得意科目になったし、合格した青学の経済では92%の得点率でした!ちなみに国語も86%で、国語って分からない科目だな~と思いました。センターは現代文ダメでしたけど一般で国語が足を引っ張ることはなかったです。

引用元

信じるしかないと思って、とにかく指示通りこなしました。 世界史は塾の指示通りやっているだけで夏の模試の偏差値が43から67に伸びて、このカリキュラム通りやり抜こうと再確認できました。 英語は10月ごろから点数が伸びやみましたが、指示通りひたすら読み込みを繰り返し、年明けくらいでようやく「英語をそのまま読む感覚」を掴みました。

引用元

現役生はどうしても時間の面で浪人生に負けてしまいます。だから有効に時間を確保すべきです。私は勉強計画を前日に立てることを日課にしていました。頭の中を整理しながら予定を立てることで、効率を追求したスケジュールを立てることができたと思います。 そして、その中身をさらに有効なものにするためには、ちゃんと先生にアドバイスをもらいにいって、自分に合った勉強法で進めるのがよいと思います。 この塾を信じて、ちゃんと指導に従えば、必ず満足のいく結果は得られます!

引用元