茗渓塾

茗渓塾の特徴

茗渓塾はTTC指導を実践しているのが大きな特徴です。

TTCとは、『T』ティーチング‐「授業」と『T』トレーニング‐「演習」、『C』コーチング‐「学習指導」のことです。

「『T』ティーチング」とは双方向・対話型の授業のことを指します。

茗渓塾は「良い授業は生徒と先生の共同作業によって生まれる」と考えています。

なので先生の方からどんどん質問を投げかけ、生徒に自主的に考えてもらう訓練を行なっています。

これによっていい授業が生み出されるわけです。

「『T』トレーニング」とは、家庭学習で行う演習課題を塾でも行えるようにすることです。

家庭で勉強するというのは時に大きな壁として立ちはだかるものです。

そこで茗渓塾では日曜日に学習ルームや普段も使える自習室を積極的に解放しています。

また「インテンシブ」というパソコン教材もあり、生徒に合わせて効果的な学習をすることもできます。

これによって演習の数も自然と増え、学習効率もグンとアップするようになります。

「『C』コーチング」とは授業だけでなく、進路、学習の仕方なども指導することです。

授業の内容を教えるだけなら学校の教科書のみで事足ります。

茗渓塾が目指しているのはそうではなく、これからの将来もしっかりと見据えることなのです。

また保護者との間の面談も頻繁に行なっており、生徒と保護者の目指している先を一致させることに注力させます。

TTC指導によって生徒の学力の底上げと将来的に何をすればいいのかというところまで指導することができます。

以上が茗渓塾で行われているTTC指導です。

茗渓塾の教育理念・指導方針

茗渓塾の教育理念・指導方針 茗渓塾の教育方針は

「『学ぶ』を学ぶ」

ということです。

つまり、付け焼き刃的な内容を学ぶのでなく、その根底にあるロジックや考え方を学ぶことに重きを置いています。

しかし、普通はそこまでの関心は中々引き出せるものではありません。

そこで茗渓塾は子供の関心を引き出すために TTC指導を取り入れています。

TTC指導によってモチベーションが保たれ、勉強でも一定の成果を出すことが可能となるのです。

教えられるだけでなく、その根底にあるものは何か?

そのことを重点的に教えることを茗渓塾は大切にしています。

茗渓塾の講師について

茗渓塾の教育理念・指導方針 講師にはしっかりと物事の背景を明らかにしてくれる方が多いです。

というのも茗渓塾では「学ぶを学ぶ」ことをモットーとしているからです。

ただ知識の羅列を教わるのではなく、その根底にあるものは何か?

本当にそれであっているのか?

ということをロジカルに具体的に説明してくれます。

知識の丸暗記ほど、つまらないものはありません。

なぜこれが起きたのか?

どうしてこうなったのか?

ということをスッキリ説明することができれば、 どんどん勉強は楽しくなるし、頭もよくなってきます。

勉強を本当の意味で好きにさせてくれる講師が茗渓塾では揃っていますよ。

茗渓塾のサポート体制

茗渓塾のサポート体制は4つもあります。

1.土曜日曜スクール

2.オープンスペースにいつでも行くことができる

3.検定指導

4.計算検定システム

1つ目は土曜日曜スクールです。

これは土曜と日曜も積極的に塾に入れるというサポートです。

日曜だからって休んでしまうと周りとそこまで差はつきません。

日曜だからこそ、一生懸命勉強すれば1ヶ月後には面白いほど差がついています。

そのために塾が空いているとなるととても素晴らしいことですね。

2つ目はオープンスペースにいつでも来られるということです。

オープンスペースでは自分から学習できるので 使えば使うほど、偏差値が上がっていきます。

補修などもやっているので積極的に利用することで学力の大幅な向上が見込めます。

3つ目は検定指導があるということです。

茗渓塾では漢検や英検などの検定試験を教えてもらうことができます。

4つ目の計算検定システムとは様々な計算の検定をしており、自分の計算能力を大幅に上げることができるシステムです。

これら4つのサポート体制は自分から使わないと自分のためになりません。

せっかく使えるならどんどん使っていきたいですね。

茗渓塾のコースと料金

茗渓塾の教育理念・指導方針 茗渓塾に通う高校生は高校1・2年コース、高校3年コース、既卒生コースの3つのコースから選ぶことができます。

高校1・2年コースは1科目90分で数学・英語・国語の3教科があります。学習内容は基礎~センターレベルを学びます。

高校3年コースは1科目120分で数学・国語・英語の3教科があります。学習内容は志望校により異なります。

既卒生コースはPC教材を使った学習指導と自習室が利用できます。クラス授業は1科目から選べます。

茗渓塾の合格実績

茗渓塾が上げている合格実績を紹介します。

宇都宮大 農 1 名 東京大 理科Ⅰ 1 名 東北大 経済 1 名 横浜国立大 経済 1 名 大阪大 外国語 1 名 東京大 理科Ⅱ 1 名 一橋大 経済 2 名 横浜国立大 理 1 名 大阪大 工 1 名 東京外語大 国際社会 1 名 一橋大 社会 3 名 千葉大 教育 1 名 お茶の水女子大 生活科学 1 名 東京学芸大 C類 1 名 防衛医科大 医 1 名 千葉大 看護 1 名 筑波大 生命環境 1 名 東京農工大 農 2 名 防衛大 理工 2 名

有名校もその名を連ねており、茗渓塾の指導力の高さがわかります。

こんな人におすすめ

茗渓塾には自分のモチベーションを保ちながら勉強に集中したいという人に向いています。

というのはTTC指導などのプログラムがしっかりと確立されているからです。

例えモチベーション管理が難しいと思っている人でも茗渓塾なら しっかりと指導してくれるので心配無用です。

自分のモチベーションを管理するのはとても大変です。

絶対に志望校に受かりたいと思うならモチベーション管理は茗渓塾に任せてしまいましょう。

入学・申込までの流れ

公式HPから資料請求をした上で申し込む形になります。

資料請求をして塾の雰囲気や本当に自分にあっているのか検討してから入塾しましょう。

実際に教室に来て雰囲気を掴むのもおすすめです。

茗渓塾の口コミ・体験談

実際に通っていた生徒の声をご紹介します。

料金 他の塾と比較したことがないが、自習も含めて毎日のように通っていたので、高いと思ったことはない。 講師 子供本人のやる気を重視して、やる気がおきるように上手く引き上げてくれた。同じような実力の友達がいる中で、切磋琢磨しながらも、和気あいあいとした雰囲気で、テスト前や受験前は毎日のように自習兼ねて通っていて家ではほぼ勉強しない状態だった。それだけ、子供にとっては居心地がよく、面倒見もよかったのだと思う。 カリキュラム 受験前は、志望校別に対策していた。他教室にも志望校別特訓で通う事があったが、同じ目標も持った人たちと一緒に学習することは、本人のためになったと思う。 塾の周りの環境 駅から近いし、他の塾も近くに何校もある場所なので通塾は安心。 塾内の環境 他の塾がどんな感じかわからないので比較しようがない。決して広くないし、整然とした雰囲気ではないが、それがかえってうちの子には合っていた。 良いところや要望 とにかく本人のやる気を引き出し、性格的なことも考慮したうえで指導してくれたことが有り難かった。親の言う事は聞きたくない年頃だと思うが、塾の先生の言う事がよく聞いたので、家で「勉強しなさい」といった事もないし、ほぼ毎日自らの意志で塾へ行っていたので、受験前でもこちらのストレスはほぼなかった。 その他 本人のやる気を一番に重視しているので、自主的に勉強する子には向いているが、勉強が嫌いな子には向かないかもしてない。うちは周りの子のお陰もあって、学校より塾の方が好きだったので学習習慣が身に付き、高校受験も本人の第一志望に合格できたので良かったと思う。

引用元

料金 受講料については、特に高いとも感じなく、集団塾なので、妥当な値段だと感じた。 講師 先生方がフランクで、子供との信頼関係がうまくできていた。塾がない日も、自習という形で、勉強もさせてもらえて、わからないところを教えてもらっているようだった。先生との距離も近く、面接でも熱心に子供のことを考えてくれているようだった。 カリキュラム 夏の集中合宿や、学校の試験前には、講義がなくても、自習という形で勉強しに行っても!空いてる講師が、教えてくれるなど、カリキュラムに載っていない対応もよかった。 塾の周りの環境 交通のべんは、駅からも近く、自宅からも自転車で通える範囲なので距離的には問題がなかった。大通りに面していて、安全面でも心配はなかった。 塾内の環境 教室は整理されており、フランクナ雰囲気があり、勉強する環境は整っていたと感じた。 良いところや要望 講義以外で、自主的に勉強しに行っても、場所もありわからないところを教えてくれるなど、子供的には良かったのではないか。塾長の熱心さがいい反面、塾長が変わった場合は、少し不安である。 その他 高校受験でお世話になり、子供と相性が良かったのか大学受験時もお世話になり、自習室をよく活用させてもらったようです。

引用元

料金 元同僚の子供も違う個別指導の塾に通っていましたが、その塾よりも授業料は高かったが、親身になって教えていただけたので、今思えば、高くても仕方ないのかなぁ?と思います。 講師 はじめは集団での授業だったが、馴染めず個別指導に移っても、先生は同じだったので、安心して通うようになり、中学からは、年の近い先生に変わり、親近感が増し、先生に会うのを楽しみにしていたようです。 カリキュラム 本人のペースに合わせて、先生が問題を作成してくれるので、安心していました。夏、冬、春休み前は三者面談もあり、今後の目標などと合わせてカリキュラムを組んでもらえました。 塾の周りの環境 自宅からも近く、小学生の間は必ず担当の先生が見送りに出て、迎えに行く親御さんに引き渡して下さるので、安心出来ました。その際に、先生とも話が出来るので、交流が深まりました。 塾内の環境 先生方の雰囲気も良く、自分が通っていた時の先生が塾長になっていたため、親子二代にわたって通ったのがとても嬉しかったらしく、「自習室をいつでも使ってね」と言われていました。 その他 中高一貫教育の学校だったので、区立よりも授業内容が1年早く進むので、学校から配られた授業予定表に沿って、授業内容を先取りしたり、躓いた箇所は理解出来るまで、とことんつきあっていただけたので、学校での授業も楽だったようで、別段試験勉強はしていませんでした。

引用元

Column

最新コラム一覧

漆原の物理 最強の88題について徹底解説!物理の難問対策ができる!

皆さんは漆原晃先生という物理講師を知っていますか? 漆原晃先生は代々木ゼミナールの物理科のトップ講師です。 受験業界では名のしれた有名人で、非常に多くの物理の参考書を執筆しています。 漆原先生の著書というと、 「漆原晃の…

もっと読む→

河合出版の講義型の参考書「物理教室」について解説!物理の本質が理解できる!

皆さんは「物理教室」という参考書を知っていますか? 物理教室は3大予備校として長年大学受験業界をリードしている河合塾の出版する物理の講義型の参考書です。 河合出版は物理のエッセンスや、良問の風、名門の森など大学受験界で長…

もっと読む→

マーチ 学校 

早稲田大学文化構想学部について丁寧に解説します!

「早稲田大学に進学したくて、とりあえず文化構想学部を受験しようと考えているのだけれど、どんなことを勉強・研究する学部なのだろうか?」 「早稲田大学文化構想学部に入るメリットってあるの?合格するのは難しいのかな?」 早稲田…

もっと読む→

マーチ 学校

早稲田大学の人気学部である文学部について丁寧に解説します!

「早稲田大学文学部を受験しようと考えているけど、合格するのは難しいのかな?」 「早稲田大学文学部ってどんな雰囲気なのだろう?」 早稲田大学文学部を目指している受験生の中にはこのようなことを考えている方は多いのではないでし…

もっと読む→

マーチ 学校

早稲田大学教育学部の特徴や受験対策について丁寧に解説します!

「早稲田大学教育学部に進学したいと考えているが、どのようなことを学ぶのだろうか?」 「早稲田大学教育学部が第一志望なのだけど、合格するのは難しいのかな?」 早稲田大学教育学部を受験しようと考えている学生の中にはこのような…

もっと読む→

難易度

早稲田大学商学部のあれこれについて丁寧に解説します!

「早稲田大学商学部を受験しようと考えているのだけれど、偏差値や難易度はどのくらいなのだろうか?」 「早稲田大学商学部に合格するためには何をすればいいのだろう?」 早稲田大学商学部を志望している受験生の中にはこのようなこと…

もっと読む→

早稲田大学国際教養学部について解説!その実態が分かります!

「早稲田大学国際教養学部に進学したいと考えているが、一体どんなことを学ぶのだろう?」 「早稲田大学国際教養学部って英語ができないと難しいって聞いたけど本当なのかな?」 早稲田大学国際教養学部を受験しようとしている学生の中…

もっと読む→

マーチ 学校

早稲田大学政治経済学部について早稲田大学卒業生が丁寧に解説!

「早稲田大学政治経済学部は実際どのくらいの難易度で、どのような対策をすればいいのだろう?」 「早稲田大学政治経済学部ではどのようなことを学ぶのだろうか?」 早稲田大学政治経済学部を受験しようとしている学生の中にはこのよう…

もっと読む→

マーチ 学校 

早稲田大学人間科学部の特徴や受験対策について早稲田大学卒業生が丁寧に解説!

「早稲田大学人間科学部を受験しようと思っているけど、どんなことを学べるのだろう?」 「早稲田大学人間科学部を受験する際に注意すべきことってあるのかな?」 早稲田大学人間科学部を受験しようとしている受験生の中にはこのような…

もっと読む→

早稲田大学社会科学部について丁寧に解説!特徴や対策など実態が分かる!

「早稲田大学社会科学部を受験しようと思っているのだけど、どのようなことを学ぶのだろうか?」 「早稲田大学社会科学部は偏差値はどのくらい高いのか?」 早稲田大学社会科学部を受験しようとしている受験の中にはこのようなことを考…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧