日曜講座

日曜講座

日曜講座の特徴

日曜講座は1966年に創設された国際基督教大学受験を専門とする唯一の進学塾です。

創設以来、50年以上変わらず、国際基督教大学を専門に受験対策をしており、国際基督教大学受験においては他塾に追随を許さない学習ノウハウを有しています。

日曜講座ではプロ講師の少人数授業による「指導力」と、生徒への「サポート体制」を強さの秘訣としています。

国際基督教大学受験対策に関しては他塾に追随を許さないほどの強みを持っていると考えられます。

国際基督教大学受験を考えている方にとって日曜講座は非常に魅力的な選択肢であると言えるでしょう。


また、日曜講座の特徴として、「3時間集中型」という点が挙げられます。

これは予習、講師による講義、復習、講師への質問という一連の過程を通じてごまかしのない確実な学力向上を図るものです。

最初は集中力が切れてしまったりするかもしれませんが、慣れてくればとても有意義に感じられます。

この「3時間集中型」の学習メソッドにより、長期戦となる受験生活も乗り切ることができます。

日曜講座の教育理念・指導方針

日曜講座の教育理念・指導方針 日曜講座は「理解と思考を軸に、大学受験での合格を第一に目指す」という教育理念、指導方針を掲げ国際基督教大学受験専門の塾経営を長年行っています。

この教育理念のもと、日曜講座では「理解する」と「考える」を勉強の最大の目標として授業を行っています。

「なぜこのような結論に至るのだろうか?」「どうしてこの解法を採用することが最適なのか」などの日々の学習を通じて承る疑問点を無視せず、歯を食いしばって自ら調べ、考え、時には友人らと議論しあい、それでも分からなければ先生に質問する。

このような学習過程のなかで学問に対する本質的な理解が可能となり、大学受験の時に確固たる自信につながるのです。 、

日曜講座の講師について

日曜講座の教育理念・指導方針 日曜講座では講師の採用についても細心の注意を払っています。

特に国際基督教大学受験に関しては、講師陣の有しているノウハウは非常に水準の高いものといえるでしょう。

また日曜講座は生徒に対して勉強だけでなく、社会性や協調性も養っていもらいたいと考えています。

そこで当塾では講師の採用について厳しい基準を設けています。

勉強に対する知識の豊富さや受験指導の経験の有無はもちろん、講師のコミュニケーション能力や社会性についても重要視しています。


また当塾の講義は15人程度の少人数制を採用しているため、先生と学生の距離感が近いです。

このような学生と講師との親密な関係により、生徒の学習状況を詳細に把握し、効率的な学習計画を実現することができるのです。

日曜講座のサポート体制

日曜講座では、安心して受験勉強に取り組んでいただくために様々な観点から生徒の学習をサポートしています。

以下、主なサポート制度について説明します。

(1)ロケーションの良さ
JR新宿駅南口から徒歩2分、都営大江戸線新宿駅徒歩0分に位置しており、通塾も非常に簡単です。

(2)自習室
開放感のある綺麗な学習スペースで勉強に集中することができます。
午前9時30分から入室することができます。

(3)質問対応
授業の合間などには当塾の一流の講師に質問をすることができます。
日頃の学習のことだけでなく、日々の生活など様々な観点から質問することができます。

(4)図書室
日曜講座では学習塾であるにも関わらず図書室を用意しています。
図書室には、現代文・小論文で頻出の文献のみならず、教養を養える文献や資料なども多く蔵書しています。

(5)振替制度
体調不良や学校行事などで、授業をに出席することができなかった場合には、振替制度を利用して遅れをつくることなく学習することができます。

日曜講座のコースと料金

日曜講座の教育理念・指導方針 日曜講座は原則として週1、1科目が基幹となっています。

さらに生徒それぞれのニーズに合わせて以下の講座を受講することができます。

(1)志望校・受験科目に合わせて複数の授業がセットになった「コース受講」
(2)生徒の弱点などに合わせて受講する「単科講座受講」

また「コース受講」の場合は受講料が大きく安くなります。

また、いずれのコースを受講する際には入塾料として2万円が別途必要となります。

日曜講座の合格実績

日曜講座の合格実績につきましては公表されていません。
詳細につきましては直接お問い合わせください。

こんな人におすすめ

日曜講座の強みは何といっても他塾に追随を許さないほどに国際基督教大学対策に特化している点です。

50年以上かけて培われた専門的なノウハウによって確実に国際基督教大学に合格することを可能にします。

そのため国際基督教大学を第一志望としている学生はぜひとも当塾への入塾をお勧めします。


また国際基督教大学受験だけでなく、当塾の学習カリキュラムを着実に遂行していけば非常に高い学力を培うことができるでしょう。

当塾の特徴ともいうべき少人数制のもと効率的な学力の向上を図りたい受験生にも有効です。

入学・申込までの流れ

日曜講座への入塾をご検討される場合には当塾ホームページ記載の電話番号、メールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。

資料の請求も随時承っています。

また日曜講座では、実際に開講している授業に参加してもらい、その学習スタイルに納得していただいてから受講手続きをしていただいています。

そして面談を行い、学習の目標、志望校などをお聞きし、どのような講座を受講するのがお勧めかなどについてご説明いたします。

日曜講座の口コミ・体験談

実際に通っていた生徒の声をご紹介します。

私は仮面浪人をしてICUに合格しました。 最初は、どうしても行きたかったICUへの想いから「2年次編入」することを考えていました。 しかし夏休みに去年お世話になった日曜講座を訪れた時、やはり「4年間を通じてICUで学びたい」という気持ちが強くなり、ICUを再受験することにしました。 夏休み以降は在籍していた大学を休学し、日曜講座の高卒生対象ICSコース(ICU Transferコース)に在籍し、本格的に勉強を始めました。 大学では外国語学部に在籍し、週に11コマの英語の授業を受けていましたが、英文法の間違いをほぼ指摘されることなく進んできてしまいました。 そのため現役の時よりも文法に関して不安が強かったのですが、「ハイレベル英語」の授業で予習・復習のサイクルをしっかり身につけ、長文読解も同じ文章を何度も読み直することを地道に続けていると、いつの間にか、現役の時よりも英文をスラスラと読めるようになっただけでなく、解答の根拠まで自信をもって示せるようになっていました。 人文社会科学に関しては、現役の時に倫理政経を独学で学び、センターでも8割は得点できていたのですが、肝心の読解力が足りないと反省しました。 そこで時間制限を設けずにとにかく文章を丁寧に読み、考えることに重点を置いて勉強を始めました。 次第にスピードと正確さが上がっていき自信につながりました。 入試当日は昨年と違い、努力してきた自分を信じることができたので、落ち着いて試験に臨むことができました。 授業ひとつひとつに、熱意をもって様々なことを教えて下さった先生方、私たち生徒が快適に過ごせるような教室作り、また円滑に授業を進められるようにサポートしてくださったスタッフの方々には、いくら感謝してもしきれないほどです。 日曜講座という「教室」で学んだことはかけがえのない私の一生の宝物です。



私はICUのAOに落ちました。 今はそのことを心の底からよかったと思っています。 日曜講座には高3の春から通っていましたが、その頃は一応塾には通っているものの受験生の自覚はあまりなく、部活がメインの生活を送っていました。 引退し、周りの受験生感に怖気付きつつも迎えた夏、ICUのAOにチャレンジしました。 引っかかればいーや、くらいの気持ちで始めたものの案外時間を割くことになり、もしかしたらいけるかもしれないぞと思いながら投函した小論文が一次の時点であっさりと不合格になった時には流石にへこみました(笑)。 しかしAOを通じて自分は何がしたいのか、将来どうなりたいのかという問いにじっくりと向き合うことが出来たという点で、AOを受けたことを全く後悔していません。 AOに落ちたことで自分の中の受験生スイッチがしっかり入ったように思います。 日曜講座の授業の素晴らしさは他の人がもっとうまく表現してくれると思うので、私は授業以外の観点からお話ししたいと思います。 ICU講座では、授業のはじめに隣の席の人と自己紹介をするという、一見大学受験塾らしくない習慣があります。 私はこれが、日曜講座の特性をよく表していると思います。 受験生は、一人になろうと思えばいくらでも一人になれてしまいます。 私は大手の塾と掛け持ちしていたので痛感しましたが、大手で友達を作るなんてまず無理です。 そして、学校がなくなる夏休み、冬休み、特に冬休みに家族以外と誰とも会話をせず毎日毎日ひたすら1人で勉強をしていたら絶対に煮詰まってしまうと思います。 私は、日曜講座でできた友達と毎日一緒にお昼を食べ、他愛ない会話をしていたことで精神を保てていた面が少なからずありました。 これは冬休みだけではなく、本番もそうです。 極度の緊張状態にある入試において、周りに誰一人知っている顔が無い中で一日受験するのと、友達の存在がある中で受験するのでは雲泥の差だと思います。 そして、日曜講座に通っていた友達は皆尊敬できるところがたくさんある人ばかりなので、今後行く学校が違ったとしてもずっと仲良くしたいと思っています。 念願のICUの合格通知、そして大事な友達を手にする大きな手助けをしてくださった日曜講座に本当に感謝しています。 ありがとうございました!



私は(内部)推薦に一度落ちた時からのスタートでした。 英単語はやっていたのですが、対策の仕方も分からず焦りいらつき困っていた時に日曜講座に出会いました。 この塾でないと合格はできなかったかもしれないと思った理由が2つあります。 1つ目は、良い意味で受験勉強をさせてもらえなかったこと。 学ぶ真意や科目も文理でさえも超えたつながり、さらにいつでも勉強し続けることがどれだけ大切なのかを教えてもらいました。 だから私は(本気ではありますが)入試本番で解放感でいっぱいの中、「あぁ、終わりだな」とは思いませんでした。 2つ目は、出ること。 授業で、模試でやったことが入試で出ます。 前日のもの、2か月前のもの、模試はテーマ自体と計算問題が出ました。 期待していてください。 では皆さん、頑張って!



日曜講座

Column

最新コラム一覧

本 古書

センター試験の自己採点をする意味ややり方について詳細に解説いたします!

「センター試験を無事受け終わったけど、何かしなければならないことってあるのかな?」 「センター試験後に自己採点をした方がいいって聞いていたけど、どうやってやればいいのだろうか?」 センター試験を終えたばかりの受験生の中に…

もっと読む→

二次試験 数学

二次試験の数学はどう乗り切る?数学が苦手な文系の方でもできる対策を解説

「文系なのに二次試験で数学があるから困る…。どうやって対策すればよいんだ?」 「センターでもきついのに二次試験で数学があるなんて無理ゲー。もう白紙で出すしかないんじゃ…」 この記事を読んでいるあなたは、今こんなことを考え…

もっと読む→

二次試験 英語

二次試験の英語はどう対策すればよい?元国立大生が効果的な勉強法をお教えします

「二次試験の英語、英作文とか和訳とかあるからきつい…。どのように対策すればよいのだろう?」 あなたは、今こんなことを考えていませんか? 国公立大学の二次試験の英語は、記述があるのが特徴。 ただでさえ英語は苦手な人も多いの…

もっと読む→

大学 受験 直前

大学受験直前の過ごし方はどうする?勉強以外の生活面の過ごし方を解説します

「センター試験まであと一週間。受験直前だけどどう過ごせばよいかわからない…」 「受験の前日って、がっつり勉強するのか休んだほうが良いのかどっちが正解なんだろう…」 あなたは今、こんなことを考えていませんか? 受験直前は、…

もっと読む→

湖南農業高校

【リラックス効果抜群】受験当日に読むべきおすすめの名言を紹介します

「受験直前なのにやる気がでない…」「受験が不安で不安でしかたない…」 あなたは今、こんなことを考えていませんか? 受験において心の持ちようは大切です。やる気が無かったり不安に押しつぶされそうになったりする状況だと、受験が…

もっと読む→

大学 受験 直前 

受験直前なのにやる気がでない…。そんな困った状況の原因・対策法を伝授

「受験の直前なのに勉強のやる気が出ない…」 「どうにかしてやる気を出す方法が知りたい…」 あなたは今、こんなことを考えていませんか? 長い受験勉強生活のなか、どうしてもやる気がでない時は誰にでもあります。 ただ、やる気が…

もっと読む→

二次試験 数学

受験当日って何を持っていけばよいの?マストアイテム等を紹介します

「受験当日に必ず必要となる持ち物って何?」 「受験当日にこれはあったほうがいいものってなんだろう?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 受験の際は、絶対に必要なアイテムが多くあります。マストアイテムを忘れてしまう…

もっと読む→

二次試験 数学

受験の緊張を何とかしたい!すぐできる対策法や効果的な考え方を紹介

「明日の受験、緊張して全く眠れない…」「あと数時間後に受験だけど心臓のバクバクが止まらない…」 あなたは今、こんなこと考えていませんか? あまりに緊張してしまうと、問題に集中できず本来の力が出せません。 緊張が原因で志望…

もっと読む→

センター試験 二次試験 日程

センター試験と二次試験の日程は?二次試験の仕組みまで教えます

「センター試験と二次試験の日程が知りたい」「二次試験って前期と後期に分かれるようだけど仕組みが知りたい」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 受験日程が定かでないまま勉強をはじめると、計画がうまく立てられません。ま…

もっと読む→

二次試験 英語

センター試験と二次試験の違いや配点比率を元国立大生が解説します

「センター試験と二次試験の違いって何なの?」 「センター試験と二次試験の比率ってどんなもん?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 国公立大学を受験するなら、基本的にはセンター試験と二次試験の両方を受ける必要があり…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧