修立学院

修立学院の特徴

修立学院の特徴は何と言ってもその厳格な雰囲気にあります。

修立学院では預かっている生徒への責任を重く受け止め、自己研鑽することを約束しています。

そして生徒と本気で関わることも。

一般の塾ではここまで熱量は高くありません。

熱量がなければある意味では親しみやすいとか馴染みやすいとかあるかもしれません。

しかしそれはなあなあな環境も発生しやすいことを意味します。

修立学院にはその熱量ゆえになあなあな雰囲気になることはありません。

生徒と講師とという線引きをキッチリ守って生徒と接します。

だからだらけた生徒もほとんど見られず、勉強へのモチベーションが低い生徒も来ることはありません。

厳格ゆえに作られる空間は一度教室に行って見なければわかりません。

修立学院には他と一線をかくす独特な雰囲気があることが最大の特徴です。

修立学院の教育理念・指導方針

修立学院の教育理念・指導方針 修立学院はその名前自体に教育理念が込められています。

修立学院は

「修学」「立志」をまとめた言葉で

「学を修めて」「志を立てる」ことを意味します。

そしてこれを受験をする上での理想としており、 誠実に実行していくという思いを込めて「修立学院」と命名されています。

とても素敵な理念ですね。

独立心のあって自立できる大人に育てようという気概が伝わってきます。

修立学院の講師について

修立学院の教育理念・指導方針 修立学院には緒方康夫塾長という名物教師がいます。

指導した受験生は総数2000名超で早慶大付属高には400名ほど送り出しています。

さらに国語が苦手な生徒にも「わかりやすい」という定評があり、

慶應女子高校を7名中6名合格、早稲田大学高等学院に関しては11名全員合格させるなど華々しい実績を残しています。

国語を苦手とする受験生は多いですが、

一方でマスターすれば理解力が上がるので全教科の偏差値が一気に上がるということも珍しくありません。

確かな国語力をマスターしたい人にはうってつけと言えるでしょう。

修立学院のサポート体制

修立学院いは京大国語へのサポート体制が万全に整っています。

京大国語の講座では

現代文、古文を問わずに毎回緒方塾長が添削をします。

また対面による指導も行うことで、確かな学力の定着を図ります。

遠隔地にいるなどの場合はスカイプなども使います。

地道に見える指導を続けることで大幅な得点アップを実現できるのが最大のサポート体制です。

修立学院のコースと料金

修立学院の教育理念・指導方針 高校生コースでは英語・数学・国語などを対象として授業を行います。

特に細かいコースは存在しません。

修立学院では目標を高く設定し、どんな生徒でも合格ラインまで導いてくれます。

高校1年生・2年生までは基礎固めを。

高校3年からは、より発展的な内容を。

学年に合わせてぴったりの内容で指導していきます。

修立学院の合格実績

国立大学では

東京大学(文II)/京都大学(文、総合人間文系、理、工)/一橋大学(経済)/東京外国語大学(国際社会)/東京学芸大学(教育)/富山大学(医)/埼玉大学(工)/首都大学東京(都市教養・法、経営、システムデザイン)/横浜市立大学(国際総合)/高知県立大学(医・看護)/帯広畜産大学(畜産)/防衛大学校 

私立大学では

早稲田大学/慶應義塾大学/上智大学/国際基督教大学/東京理科大学/東京慈恵会医科大学/明治大学/青山学院大学/立教大学/中央大学/法政大学/学習院大学/東京女子大学/日本女子大学/津田塾大学/共立女子大学/学習院女子大学/成蹊大学/日本大学/東洋大学/駒澤大学/専修大学 他

という実績を持っています。

厳しい校風から育つ生徒は誰もが確かな学力と強い向上心を持ちます。

それが華々しい合格実績に結びついているのでしょう。

こんな人におすすめ

自分を律せずに勉強できない、または自分を律することができるようになりたいという人に向いています。

修立学院は通常の塾に比べて間違いなく厳しいですが、その分自分の成長にダイレクトを感じ取ることができます。

難関校を突破するには自分を律することができる力は必ず大きな強みになります。

修立学院でその力を養いたいという向上心溢れる方に向いていると言えます。

反対に自分のことを律することが難しいからモチベーション管理が続かないという人にもオススメできます。

講師がしっかりと勉強とモチベーションを管理してくれますよ。

入学・申込までの流れ

公式HPから問い合わせフォームか電話で連絡を取ることができます。

その後面談をして無料の体験授業、テストを受けることができます。

十分に検討してから入塾するかどうか決定する形になります。

修立学院の口コミ・体験談

実際に通っていた生徒の声をご紹介します。

 私が受験生活で大事にしていたことは、絶対に「なんとなく」やらない、ということ。全ての復習に意味があり、全ての演習に意味付けをした。  また、受験で欠かせないのが信頼できる先生だ。そういう先生はいろいろなところに潜んでいる。学校・予備校、そして三鷹。私の場合受験科目それぞれについて信頼してついていくことのできる先生を見つけたのはとても大きなことだったと思うが、とりわけ自分の全体を監督してくれる存在がいると、勉強が偏ることなく、常に「日本史は大丈夫か」「英語は遅れていないか」と警戒することができる。  緒方先生が独立を決意されたことは、私の京大合格への布石だった言っても過言ではない。高2の頃大手予備校の一番上のクラスで国語を習っていた。が、やはり中3の時の緒方先生の授業が忘れられず、一般的な国語の授業にありがちな「説得される」感覚にも満足できないまま高3を迎えてしまった。そんな時、先生が独立されることを聞き、迷わず予備校をやめ、この修立学院に入塾した。どの予備校でも体験することのできないハイレベルな少人数授業の中で、日本最高峰の京大国語と闘うのにも十分な力を培うことができた。少人数だからこそ、一人一人の理解度を先生が鋭敏に察知し、アドバイスすることができる。また、ともに授業を受ける友人は、相談し合える仲間であると同時に、高いレベルで競うことのできるよきライバルとなる。この環境こそ、私にとり至上の場であった。  緒方先生の授業は、受け身で受けてはいけない。上半身が机より前に出るくらい前のめりになって受けるべし。あとは、解説の雷に打たれてみれば、緒方先生の授業からぬけられなくなるはず。

引用元

 受験を終えた今、振り返ってみると、修立学院で過ごした一年半の時間は僕にとってかけがえのない財産だったと思います。これは単にテストで点数が取れるようになったとか、知識量が増えた、ということを言っているわけではありません。もちろん、こうした“結果"こそ、受験に求められることであることは確かです。しかし、本当に大事なのはそこにいたるまでの"過程"ではないでしょうか。僕は修立学院での受験勉強の過程で多くのものを得ました。  例えば、国語では中学2年から入試における設問の分析や、論理の構造、副助詞の用法等、細かい指導が行われ、その後、入試演習などを通して、習ったことを“あたりまえ"に使う練習をしました。その過程を復習用ノートに書いていくのですが、このとき“なんとなく"は禁止でした。 “なんとなく"をなくすことで、自分のわからないところが明確になり、またそれを継続的に書き続けることで自分の成長も感じることができます。成長が身近に感じられるので勉強していて“楽しい"、“面白い"と思うことも増えるようになりました。  また、先生には、主体性をもって取り組むことが大事だということも教わりました。ただ授業を聞く、ただ宿題をこなす勉強では多分つまらないし、苦痛だと思います。しかし、先生の授業は、自分でもっと努力したいと思わせるような工夫に満ちていて、努力次第でいくらでも実力をつけることができる"深い"授業でした。  僕の場合、主体性を持って学習できるように、ノートに目標や反省、課題などの自己分析を大量に書いていました。書くことでモチベーションを維持していたのだと思います。 こうした学習の結果、自分で目標を設定する力、失敗を次につなげる力が身に付き、目的意識を持って何かに取り組むことの喜びを感じることもできました。  高校受験という一つの試練に対して、ただの受験対策、点を獲るためだけの勉強にとどまらず、これから先のことまで見据えた“生きた勉強”ができたのは良かったと思います。  自分で決めた目標に対して、自分の力で立ち向かうことができる人に成長させてくれた先生方には感謝しています。ありがとうございました。

引用元

 中学入学の直前から大学に合格するまでお世話になりました。現在息子は、京都大学の1回生となり京都で独り暮らし、充実した大学生活を満喫しているようです。そんな息子ですが、中学1年生のころは偏差値が50前後で、正直、京都大学に入学するなど全く想像もしていませんでした。   入塾して数ヶ月が経った頃だったと思います。あるきっかけで30分ほど、緒方塾長の国語の授業を拝見する機会がありました。私は、その時の衝撃を忘れることができません。私自身何年も国語という授業を受けてきましたが、どんな授業とも全く違う、別世界の指導でした。興味をひくだけでなく聞いている側に安心感を抱かせるような語り口、どこにでもあるような簡単な例文から、言葉のあり方を掘り下げて合理的な解答に導く過程など、「国語指導のプロだ!」まさにその一言に尽きるものでした。思えば、修立学院という学習塾の、その緒方塾長を中心とした講師陣の意識の高さに感心します。   息子が高校受験を迎えたころのことです。思うように勉強が上手くいっていなかった息子に対し、ある先生が厳しく対応する一方、ある先生は優しく褒めるなど、状況を踏まえた上で細かく指導していたことを覚えています。後で聞いたことですが、それは先生同士の連係プレーだったそうです。  気が付けば50前後だった偏差値は70近くまで上がっており、都内でもトップレベルの高校を受験することになりました。   高校時代も色々ありましたが、その都度、緒方塾長や講師の皆さんの指導にも助けられました。特に京都大学受験前の数か月間は、緒方塾長に個別の添削指導を行っていただきました。さすが国語指導のプロです。得点が格段にアップしたのを覚えています。息子も、添削の答案を前にして、ああでもない、こうでもないと、先生とつっこんだ話をしていることに楽しさを感じていたようです。緒方塾長が言っていた「京大の記述だからこそ本質的に楽しめる」という言葉を思い出すとともに、受験勉強で燃え尽きてしまい、合格することは解放されることという悲劇に陥らない防御策があるとすれば、それは学びを徹底すること、そして楽しむことという一つの答えがあったように感じます。そして、本当に京都大学に合格、親をびっくりさせる結果となったのです。   修立学院の大きな特徴は「塾長をはじめとする講師陣の意識の高さ」と「今やるべきことを的確にできるように導く体制」にあると思っています。修立学院に出会えた息子は本当に幸運でした。  最後になりますが、根気よく丁寧に息子に指導をしていただいた緒方塾長をはじめとする講師陣の皆様に心より厚く御礼申し上げます。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

引用元

Column

最新コラム一覧

早慶を突破するための勉強法は?早慶にダブル合格した慶應生が解説!

「早慶に合格したい!」 そんな熱い想いを持っている受験生も多いと思います。 ですが、世間一般でも言われている通り、 早慶は超難関大学になります。 それでもなんとしてでも合格したいと思っていた私は ここに書いてある勉強法を…

もっと読む→

日東駒専の英語対策はどうすればいい?4大学の英語をわかりやすく解説!

日東駒専に入りたいけど、どうすれば合格できるんだろう。 あなたはそう考えていませんか? 勉強するにしても、どのように勉強すればいいのかわかりませんよね。 この記事を読むことで、日東駒専の英語対策をどうすればいいのかがわか…

もっと読む→

必要な勉強について

日東駒専に受かる!?合格者が効率の良い勉強方法を教えます

「日東駒専に受かりたい!」 「受験勉強ってどこから手をつけたらいいの?」  志望大学に日東駒専を選ぶ受験生は多いと思います。 そのような受験生の中には、 入試の出題範囲が広すぎて受験勉強に対して 不安を持っている方もいる…

もっと読む→

MARCH現代文長文参考書

早慶は本当に受からないのか?現役慶應生がぶった切ります。

早慶になんて本当に受かるのかな? そう思う気持ち、よくわかります。 なにせ、私も受験生の時に本当に自分が早慶に受かるか不安だったからです。 そこで受験の不安を乗り越えて慶應に合格した私が、 早慶は努力すれば必ず行けること…

もっと読む→

早慶を徹底比較!本当に魅力的で将来有望な大学はどっちだ!?

早慶のどちらに入学すればいいんだろう。 そう思う受験生は多いはずです。 というのも早稲田と慶應。 どちらもネームバリューは抜群です。 その上でどっちを選ぶのかは将来的にも大事な選択になるのでとても難しいはず。 ということ…

もっと読む→

目安

日東駒専の英語長文で合格への王手を!攻略法を徹底解説!

日東駒専の大学入試英語はどれぐらい難しいのかな。 そう考える受験生の方も多いと思います。 日東駒専とは、日本大学、東洋大学、駒沢大学、専修大学の4つの大学を総称した呼び名で、これらの大学の英語入試のレベルは50代前半とな…

もっと読む→

日東駒専の中ではどこがいいのか?徹底的に解説していきます。

レベル差がないならどこも同じ・・・ これをご覧になっている方!そう思っていませんか? 実は同レベルでも細かいところで違いがあります。 今回は過去に日東駒専に関して徹底してリサーチしていた私が 日東駒専について解説していき…

もっと読む→

日東駒専は難しくて受からない?日東駒専に合格するためには?

「日東駒専はMARCHの滑り止め」 そう考えている受験生も多いのではないでしょうか。 確かに、MARCHの滑り止めとして日東駒専が選択されることが多いです。 しかし、近年の有名私立大学は難しくなったと言われています。 日…

もっと読む→

学習スペースの机

MARCH(マーチ)合格に必要な勉強時間は?明治に現役合格した私が解説する

「マーチに合格するには、何時間勉強する必要があるんだろう?」 「MARCHに合格した先輩は、どのくらい勉強していたんだろう?」 大学受験で大人気の難関私立大学「MARCH」。 有名難関私大なだけはあって、「かなりの時間勉…

もっと読む→

【2019年版】日東駒専の倍率まとめ!倍率と入りやすい学部は?

「日東駒専に合格したいんだけど、学部毎の倍率とかはどのくらいなんだろう?」 「日東駒専で入りやすい学部はどこなんだろう?」 受験生に大人気の日東駒専。 ほとんどの方が一回はきいたことあると思います。 日東駒専は、「日本大…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧