東京医進学院

東京医進学院の特徴

①実践的な授業・カリキュラム
東京医進学院では合格に直結するような実践的な授業・カリキュラムで勉強することができます。
目玉は毎週行われる単科模試でアウトプットのための訓練を多く積み、得点力を直接向上させることができます。
単科模試の他にもオリジナルの医進模試を年5回、外部模試も加えて、全部で年間40回ほども模試に挑戦します。

②医学部受験ノウハウ・情報力
東京医進学院では医学部の入試問題を知り尽くしたプロ講師陣が指導を務めるだけでなく、
毎年主催している「医系大入試相談会」では全国の私立医系大学の大半が集結し、入試担当者と直接話すことができます。
東京医進学院だからこそできる入試情報の提供です。

③先を見据えた医療人教育
東京医進学院では入試合格のその後も見据え、医療人教育にも力を入れています。
“天皇の執刀医”としても知られる順天堂大学医学部の天野篤教授をお呼びして講演会を行うなど医療人になるにあたってモチベーションをアップするイベントを多く開いています。
また、なぜ医師を目指すのかやどのような医療人になりたいのかを深堀りする面接指導もしっかり行っています。

東京医進学院の教育理念・指導方針

東京医進学院の教育理念・指導方針 東京医進学院の教育理念・指導方針は

「一人ひとりの夢に向き合う指導を通じ、未来を担う自立心あふれる医療人を育成する」

です。

東京医進学院は1976年の創立以来、高い指導力と圧倒的な演習量、そして一人ひとりに徹底的に向き合うことで、多数の受験生を医療人へと導いてきました。

医系大合格を勝ち取れる高い学力を身につけさせるのはもちろんのこと、
医系大の先生方からお聞きする医療現場で求められる自立した人材、「自ら考え的確に判断し、そして自ら決断を下せる。」そんな人材を育成することを目的として日々指導を行っています。

受験生が自ら自分の課題を意識し、スケジュールを認識しながら挑戦していく過程で、自立した姿勢を身につけていけるようにする。

それを東京医進学院の責務だと考えているようです。

東京医進学院はしっかりとした基盤と揺るぎない教育理念に基づいた万全の指導体制で、生徒さん一人ひとりを合格へと導いていきます。

医学部合格の先を見据えた医療人の育成に力を注いでいるのですね。

東京医進学院の講師について

東京医進学院の教育理念・指導方針 医系大学入試に精通した講師の中でも、特に実績・実力に定評のある講師が結集しています。

アルバイトではなく、プロの講師が揃っており、
学歴的には東京大学や早稲田大学などを卒業している高学歴な講師が多いです。

東京医進学院のサポート体制

東京医進学院の主なサポートの特徴は以下のつです。

①試験後の生徒カウンセリング
毎週土曜日の単科模試や東医進模試などの試験終了後には必ずカウンセリングを実施しています。
特に単科模試はその日のうちに採点し、生徒たちにはすぐに解き直しを行ってもらっています。
その後各教科の講師が内容をチェックするのと同時に教務スタッフによるカウンセリングを行っています。
これにより生徒の悩みや不安を聞き、細かくフォローを行っています。

②ご家庭との密なコミュニケーション
東京医進学院では年に4回実施している保護者会や、定期的に発行する「Toishin Jounal」、2週に一度の頻度でご家庭に送付している定期レポート等で学習状況をしっかりとご報告し、
家庭でも状況を把握できるようにしています。
また医学部受験では非常に重要な受験校選定についても合格実績や入試傾向などを踏まえて個別で提案しています。

東京医進学院のコースと料金

東京医進学院の教育理念・指導方針 東京医進学院の受講料は公表されていません。

受講されるコースによって異なりますので、各校舎までお問い合わせください。

東京医進学院の合格実績

2019年度の合格実績は以下の通りです。

医学部ですと、推薦・AOなどを含む合格者数ですが、
宮崎大学1名、岩手歯科大学14名、東北医科薬科大学2名、獨協医科大学10名、埼玉医科大学11名、国際医療福祉大学2名、杏林大学7名、昭和大学3名、帝京大学12名
その他多数

といった感じです。

医学部以外にも歯学部、薬学部、獣医学部などにも若干名の合格者を出しています。

こんな人におすすめ

東京医進学院はこんな人にオススメです。

・絶対に医学部に合格したい
・模試をたくさん受けたい

入学・申込までの流れ

①お問い合わせ
②カウンセリング(個別入試相談会)
③選抜試験
④入学コース決定/入学手続き
⑤スタートダッシュゼミなど
⑥入寮開始
⑦開講式/受講ガイダンス
⑧基礎学力判定試験
⑨第一期授業開始

東京医進学院の口コミ・体験談

実際に通っていた生徒の声をご紹介します。

【講師】
講師はとても熱心でとても優しかったです。浪人生はとても精神的に不安定ですので、優しい言葉をかけていただきとても感謝しております。
高校の頃と違って教え方が上手でした。有名大を卒業した先生がいたのでとても信用できました。
【カリキュラム・指導方針・授業内容】
4月から始まって9月までに高校の勉強内容全てをコンプリートします。9月以降は入試演習を中心的にしてました。
また一週間ごとにテストがあり自分の執着度測るのにとてもいいペースメーカーになりました。模試の申し込みの代行などしてくれるので、とても良かった。
【校舎内外の環境について(自習室、交通の便、治安、立地など) 】
コピーが無料だったので過去問とかをコピーする際にとても便利だった印象があります。
【サポート体制】
有名大を卒業している先生が夜まで残ってくれていたのでとても助かりました。また卒塾生がいてくれて医学部生なのでモチベーション向上にもつながりました。
また毎週面談してくれてとても優しかったです。毎週テストがあって良かったです。
【料金】
一般的な医学部予備校のなかでは比較的安い方であったと思います。ただ、夏季合宿、年末合宿があって少し高い印象がありました。
夏期講習も何講座もあって全てとったら、とても高い値段になっていたと思います。親にはとても感謝してます。
【良かった点(改善してほしい点) 】
まず最初に周りの仲間がとても優しかったことです。自分は一浪だったので周りが三浪が多くて少し最初は気まずいことがありましたが、次第に仲良くなって優しくしてくれました。また医学部生のチューターの存在がモチベーションを上げてくれました。


【講師】
先生との距離が近く、とても質問しやすかったです。優しい先生が多く、伸び悩みの時には慰めて、そして励ましてくれました。
自分の得意分野なども把握してくれ、どの大学の問題が自分に合うかなども分析してくれました。
学校では教わらない解き方をたくさん教えてくれて、そのおかげで回答速度が上がりました。
【カリキュラム・指導方針・授業内容】
毎週テストがあるので、ずっと気を緩まずに勉強することができました。
テストの後は面談があるので、結果が悪くても先生が励ましてくれるので、モチベーションを保つことができました。
教材は今までの様々な大学入試の過去問が入っているので、色々な赤本を探らなくても過去問の勉強が授業のうちにでき、赤本の解答よりも分かりやすい解答を学べるので、良かったです。空きコマには個別指導を入れることができるので、有効に時間を使うことができました。
【校舎内外の環境について(自習室、交通の便、治安、立地など) 】
●周辺の環境
予備校の周りには、東京なのかなと思うほど何もなく緑豊かです。そのため、遊びへの誘惑がないので勉強に集中できました。緑豊かなので、リフレッシュもできます。
でも、三鷹駅までは徒歩10分くらいなので、本当に気分を変えたい時は出かけることも可能なので、いい環境にあると思います。
●校舎内の環境
冷暖房も環境もしっかりしており、自習室もあるので、学習環境はいいと思います。毎日、業者の方が掃除をしてくれるので、トイレも清潔ですし、全体的に清潔に保たれています。
【料金】
料金は妥当だと思います。日曜日を除き三食、栄養のあるご飯を予備校内にある食堂で食べることができますし、予備校のマンションもセキュリティーがしっかりとしており、マンション内にベッドや勉強机が元々あるので、そこで1年間過ごすとなると、いい料金かと思います。
個別指導では、別料金がかかってしまいますが、先生はその分、普通の授業では教えてくれないような問題プリントを準備してくれ、解法を教えてくれたので、料金はかかるが受講して良かったと思いました。合宿も高額な料金ですが、先生方も宿泊するので、一日中先生に質問することができ、自由が効かないので勉強だけを考えることになり、とても有意義な時間になったので、参加した方がいいと思います。
【良かった点(改善してほしい点) 】
温かいご飯をほぼ毎日三食食べることができるので、それは他の予備校にはない一番いい所だと思います。
志願理由などの書き方を丁寧に教えてくれて、本当に最後の最後まで面倒を見てくれます。
ただ、どうしても講師のレベルには差があり、普段の授業の講師を自分から選ぶことはできないため、自分に合う先生を自分で見極めて、合う先生の個別を取るとか、合う先生に質問をたくさんしに行くなどと、自分から積極的に先生に教えてもらおうと努力しないと、1年間が勿体ないと思います。
そのため、先生を選べる制度があれば良かったと思います。個別は別料金がかかるため。

【講師】
試験の成績が悪かった時は、先生の方から声をかけてくださって、慰めてくれたり、どこができなかったかを一緒に分析してくれました。
学校では学べない素早く解ける解き方をたくさん教えてくれたので、一気に偏差値が上がりました。
非常勤の先生は授業が終わるとすぐにいなくなってしまうので、質問をするのには前々から準備をしておかないといけないのが大変でした。
【カリキュラム・指導方針・授業内容】
自分のレベルに合わせて、教科ごとに学力レベルでクラス分けがされるので、得意な科目は応用の授業で、苦手な科目は基礎の授業を受けることになります。
授業で足りないと感じた時は、個別授業を受けられます。
個別授業は先生を選べるので、人気の先生だと全ての時間で埋まってしまうこともあるので、早めに始めるのが良いと思います。
教材は予備校オリジナルで、あらゆる大学の過去問が分野別でまとめられているものになっています。
ですが、先生によってプラスαの問題を追加で準備してくれたりするので、より難しい問題も学ぶことができます。
夏と冬はホテルでの勉強合宿があります。 先生方も泊まるので、一日中質問することができます。
スケジュールも決められており自由がないので、一番集中することができます。お金はかかりますが、その分の価値はあると思います。
【校舎内外の環境について(自習室、交通の便、治安、立地など) 】
●周辺の環境
緑が豊かで、周囲には遊べるところもありません。そのため、変な誘惑がないので、勉強に集中することができます。
ですが、徒歩10分くらいで三鷹駅に着くので、リフレッシュしたい時は、電車に乗って出かけることができるのでとても便利です。
予備校の近くにはスーパーやコンビニがあるので、すぐに買い物もできます。 幼稚園も近くにあり、治安は良いところだと思います。
●校舎内の環境
毎日、業者の方が朝から掃除をしてくれています。そのため、トイレも綺麗ですし、教室も綺麗に保たれています。
自習室も席数はたくさんあるので、必ず使えます。授業がない時は教室で勉強することもできるので、ホワイトボードに書きながら勉強をしてる人もいました。
予備校内は靴では入れず室内用のサンダルなどを使用するため、床も綺麗になっています。
【料金】
三鷹校では、日曜日を除いて毎日三食、食堂でご飯が提供されます。
マンションもセキュリティがあり、安全性も保たれています。机やベッドも備え付けなので、料金は高いですが、良い方だと思います。
個別授業や合宿、夏期講習などは別料金がかかります。ですが、個別授業では通常授業では教えてくれない問題や解法をたくさん教えてくれたり、個別授業を取ってくれたからにはと、先生方も特になるように工夫をしてくれました。
1:1でつきっきりで教えてくれるので、偏差値がとても上がりました。
合宿も朝から夜まで強制的に勉強をすることになるので、いつの間にか偏差値が上がっています。
なので、別料金がかかりますが、受講して損することはありません。むしろ特をするので受けた方が良いと思います。
【良かった点(改善してほしい点) 】
毎週土曜日にその週で学んだことに関する試験があります。その後に、結果に基づいて面談が行われます。
毎週毎週あるので、モチベーションも保つことができるし、面談で相談することもできます。
どうしても講師の方のレベルには差があり、通常授業では先生の選択はできないので、本気で偏差値を上げたいのならば、自分で自分に合う先生を見極めて、その先生に積極的に質問をしに行く、その先生の個別を取るなどと工夫しないといけません。
先生の選択ができれば良いのですが、恐らく無理だと思うので、自ら行動していかないと成長はできないと思います。
●その他
少人数の予備校なので、同じく受験に立ち向かう仲間と仲良くなることができます。 一緒に勉強したり、悩みを共有したり、息抜きをしたりして、共に成長することができます。
そして、大学に合格した後も大切な友人となります。
大手予備校だと既にグループが出来ていたりと、孤独になってしまうこともありますが、この予備校は少人数なのでそのようになることはなく、心配事があれば、すぐに事務の人に相談することができるので、心配はいりません。
医学部予備校マニュアルより

Column

最新コラム一覧

冬期講習 費用

冬期講習の費用が分かる!相場や実際の金額を元予備校生が解説します

「冬期講習は高いって聞いたけど、実際どれくらいの費用がかかるの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 冬期講習の費用は高いと感じるかもしれませんが、志望校の合格水準に達していない受験生は冬期講習を何としても受けた…

もっと読む→

センター試験で時間が足りない人必見!最後まで解ききる方法を教えます!

「センター試験の過去問を解いているけど、時間が全然足りなくて本番が心配だ」 「センター試験は精度が荒くてもいいから全部解ききるのと、途中答案になってもいいから精度を上げるのとどちらが受験対策的にいいのだろうか?」 センタ…

もっと読む→

私立 出願 いつ

入試のスケジュールを把握しよう!2020年度の入試スケジュールを解説!

「受験勉強は順調に進めてるけど、私立大学の出願はいつすればいいのだろう?」 「センター試験が終わってから、私立大学や国立大学の出願までにどのくらい時間があるのだろうか?」 受験が近づいている今、このようなことを考えている…

もっと読む→

センター試験に間に合わない!?短期間でセンター試験で高得点を取る方法を解説!

「センター試験まで残り2ヶ月なのにまだ全然勉強が進んでないよ〜!」 「まだ学校の授業がセンター試験の範囲までやってないけど、過去問いつとけばいいのだろう?」 センター試験まで2ヶ月を切った今、このようなことを考えている受…

もっと読む→

大学講堂

センター試験の結果で私立大学に合格できる?センター利用について合格者が解説!

「第一志望は国立大学だけど、滑り止めとして私立大学も受けておいたほうがいいかな?」 「センター試験の結果で私立大学の入学もできるって聞いたけど本当?」 受験まで残り数ヶ月となった今、受験生の中でこのようなことを考えている…

もっと読む→

私立 出願 いつ

過去問はどうやって使うの?合格への鍵となる過去問の使い方について解説します!

「過去問が大事ってよく聞くけど、本当にそうなのかな?」 「過去問ってどうやって利用するのがいいなだろうか?」 入試まで残り数ヶ月となった今日この頃、過去問に取り掛かろうとしている受験生の中にはこのようなことを持ってる風が…

もっと読む→

マーチ 就職

受験の恐怖心と上手に向き合うことで学力があがる!?早稲田合格者が解説!

「入試までもう残り3ヶ月しかない。不安でいっぱいだ」 「受験に失敗したらどうしよう」 入学試験を数ヶ月後に控えている受験生はいまこのようなことを考えている学生が多いのではないでしょうか? 受験に対する恐怖心とうまく向き合…

もっと読む→

日東駒専 合格 英語

冬期講習って本当に必要?受験まで何をすればいいのか教えます!

「受験までもう時間がないのに、全然勉強が進んでない。予備校の冬季講習を受講した方がいいのだろうか?」 「志望校の過去問も一通り解いたし、ここから受験までは何をすればいいのだろうか?」 受験まで残り2ヶ月ほどに迫った今、こ…

もっと読む→

センター試験7割ってどのくらい!?到達法やそこからの勉強も解説!

来たる1月、ほとんどの受験生にとって避けられないセンター試験がやってきます。 2021年度入試からセンター試験という名前は廃止され、 大学入学共通テストという名前になりますが、現在はまだマークシート式のセンター試験がメイ…

もっと読む→

センター試験5割ってどのくらい!?到達法やそこからの勉強も解説!

来たる1月、ほとんどの受験生にとって避けられないセンター試験がやってきます。 2021年度入試からセンター試験という名前は廃止され、 大学入学共通テストという名前になりますが、現在はまだマークシート式のセンター試験がメイ…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧