早稲田ゼミナール

早稲田ゼミナールの特徴

早稲田ゼミナールの特徴は以下の2つです。

①高卒認定資格を取得することができる
早稲田ゼミナールでは高卒認定資格を取得しつつ大学受験にも挑戦することができる通年のコースが存在します。
大手の大学受験向け予備校で1年間浪人するのと比べても安いくらいの料金で、高卒認定資格の取得と大学受験に向けた勉強ができるので、
何らかの理由で高校を卒業していない方で大学受験をしたい方には非常に適した学習塾です。

②日大芸術学部の対策コースがある
早稲田ゼミナールでは日本大学の芸術学部に特化した専用のコースがあります。
定期的に日芸の入試システムについての説明会が行われたりするだけでなく、演劇学科を志望する方のために実技対策講座を開いたりと
非常に力を入れていることが分かります。

普通の予備校にはないようなオンリーワンな特徴があるのですね。

早稲田ゼミナールの教育理念・指導方針

早稲田ゼミナールの教育理念・指導方針 早稲田ゼミナールの教育理念・指導方針は
「分からない」を「分かる」へ
「分かる」を「解ける」へ

です。
早稲田ゼミナールでは勉強を教えることはもちろん、そのプロセスを重視しており、
これから先も一人で進んでいけるように

課題を認識すること
対策を立てること
実行すること
結果を見て、次回への改善へつなげること

これらが自分でできるよう,勉強を通して伝えます。

早稲田ゼミナールの講師について

早稲田ゼミナールの教育理念・指導方針 早稲田ゼミナールの講師には
次のような2つの先生がいます。

① 高校に勤務されている先生。
 大学入試よりも高校の授業が心配な生徒さんが増えています。
「中学のときはよかったが,高校の英語の文法がわからない」「進度が速くてついていけない」など、お困りのときにぜひ。高校のことも分かっている先生なので、授業進度や定期テスト対策も安心。

② 予備校で活躍されている先生。
 大学入試問題研究は手間と時間がかかります。
真面目に研究に取り組む先生でないと大学の出題傾向はつかめません。早稲田ゼミナールはこの点で信頼と実績のある先生をご紹介しています。

大学受験対策、学校の補修どちらもバッチリ対応が可能です。

早稲田ゼミナールのサポート体制

早稲田ゼミナールのサポートの特徴は以下の3つです。

①マイボックス
学生一人ひとりにロッカーのように使える専用のボックスがあります。
書類等を入れることができ、持ち歩き紛失する心配もありません。

②豊富な入試情報
早稲田ゼミナールでは入試情報の共有に力を入れています。
ロビーには,自由にお手に取りお持ち帰りいただける,様々な受験情報が充実しています。いつでも気軽に進学先を探し情報を入手することができます。
大規模予備校と比べて小規模塾は情報の面では劣りがちですが、早稲田ゼミナールは健闘しています。

③高校生専用の自習室
小学生や中学生も利用する塾ですと自習質がうるさくて集中できないという話もしばしば聞きます。
しかし早稲田ゼミナールでは高校生専用の自習室が備え付けられています。
赤本などの大学の過去問題集や進学に関する本を置いた,高校生専用の自習室です。もともと教室なので,広々と机を使えるのが魅力です。書籍は全て自由に使用できます。貸し出しもしています。

早稲田ゼミナールのコースと料金

早稲田ゼミナールの教育理念・指導方針 早稲田ゼミナールの所沢校では
高校生コースはマンツーマン指導Mという個別指導のコースが一つあるのみです。

高田馬場校では高卒資格を取得し、大学受験をする方向けのコースと

日芸・私大文系に特化したコースとがあります。

所沢校は通常の個別指導塾という感じですが、
高田馬場校は一定のケースに特化したコース設定となっています。

高田馬場校の高卒資格を取得し、大学受験を目指すコースでは、週5日,3日,1日からさらに選ぶことができ、
週5日コースは750,000円、週3日コースは542,000円です。

マンツーマン指導M、日芸・私大文系コースの学費は公表されていませんので、各校舎までお問い合わせください。

早稲田ゼミナールの合格実績

早稲田ゼミナールの合格実績は基本的には公表されていません。
私大文系・日芸受験対策専門コースでは
過去8年間に
放送 71名 / 映画 109名 / 演劇 89名 / 文芸 32名 / 写真 97名 / 音楽 15名 / デザイン 2名
の354名が合格しています。

その他のコースの合格実績については各校舎にお問い合わせください。

こんな人におすすめ

早稲田ゼミナールはこんな人にオススメです。

  • 学校の授業についていけない
  • 日芸に合格したい
  • 高卒資格も取得したい

入学・申込までの流れ

① ご相談
お電話にて(ご来校いただいてもかまいません)生徒さんが抱えている問題や心配をお聞きします。 ご連絡はご父兄さまでもご本人にでも。「三角比のところからついていけなくなった」「仮定法,関係副詞がわからない」「どこからわからなくなったかわからない」などお気軽にご相談ください。

② 担当講師を選択
ご本人に合わせて先生を選びます。大学入試対策なら予備校の先生。学校の進度に合わせるなら高校でも教えている先生。高2から高3で学校の進度に合わせた定期テスト対策から入試対策導入ならオールラウンダーな先生など。
③ 授業
他塾の個別指導とは違い,いわゆる個別ブースではありません。教室をひと部屋使用しての個別指導です。隣のブースを気にすることなく授業を受けることができます。

早稲田ゼミナールの口コミ・体験談

実際に通っていた生徒の声をご紹介します。

早稲田ゼミナールの口コミはまだありません。 気になる方は各校舎にお問い合わせください。

Column

最新コラム一覧

冬期講習 費用

冬期講習の費用が分かる!相場や実際の金額を元予備校生が解説します

「冬期講習は高いって聞いたけど、実際どれくらいの費用がかかるの?」 あなたは今こんなことを考えていませんか? 冬期講習の費用は高いと感じるかもしれませんが、志望校の合格水準に達していない受験生は冬期講習を何としても受けた…

もっと読む→

センター試験で時間が足りない人必見!最後まで解ききる方法を教えます!

「センター試験の過去問を解いているけど、時間が全然足りなくて本番が心配だ」 「センター試験は精度が荒くてもいいから全部解ききるのと、途中答案になってもいいから精度を上げるのとどちらが受験対策的にいいのだろうか?」 センタ…

もっと読む→

私立 出願 いつ

入試のスケジュールを把握しよう!2020年度の入試スケジュールを解説!

「受験勉強は順調に進めてるけど、私立大学の出願はいつすればいいのだろう?」 「センター試験が終わってから、私立大学や国立大学の出願までにどのくらい時間があるのだろうか?」 受験が近づいている今、このようなことを考えている…

もっと読む→

センター試験に間に合わない!?短期間でセンター試験で高得点を取る方法を解説!

「センター試験まで残り2ヶ月なのにまだ全然勉強が進んでないよ〜!」 「まだ学校の授業がセンター試験の範囲までやってないけど、過去問いつとけばいいのだろう?」 センター試験まで2ヶ月を切った今、このようなことを考えている受…

もっと読む→

大学講堂

センター試験の結果で私立大学に合格できる?センター利用について合格者が解説!

「第一志望は国立大学だけど、滑り止めとして私立大学も受けておいたほうがいいかな?」 「センター試験の結果で私立大学の入学もできるって聞いたけど本当?」 受験まで残り数ヶ月となった今、受験生の中でこのようなことを考えている…

もっと読む→

私立 出願 いつ

過去問はどうやって使うの?合格への鍵となる過去問の使い方について解説します!

「過去問が大事ってよく聞くけど、本当にそうなのかな?」 「過去問ってどうやって利用するのがいいなだろうか?」 入試まで残り数ヶ月となった今日この頃、過去問に取り掛かろうとしている受験生の中にはこのようなことを持ってる風が…

もっと読む→

マーチ 就職

受験の恐怖心と上手に向き合うことで学力があがる!?早稲田合格者が解説!

「入試までもう残り3ヶ月しかない。不安でいっぱいだ」 「受験に失敗したらどうしよう」 入学試験を数ヶ月後に控えている受験生はいまこのようなことを考えている学生が多いのではないでしょうか? 受験に対する恐怖心とうまく向き合…

もっと読む→

日東駒専 合格 英語

冬期講習って本当に必要?受験まで何をすればいいのか教えます!

「受験までもう時間がないのに、全然勉強が進んでない。予備校の冬季講習を受講した方がいいのだろうか?」 「志望校の過去問も一通り解いたし、ここから受験までは何をすればいいのだろうか?」 受験まで残り2ヶ月ほどに迫った今、こ…

もっと読む→

センター試験7割ってどのくらい!?到達法やそこからの勉強も解説!

来たる1月、ほとんどの受験生にとって避けられないセンター試験がやってきます。 2021年度入試からセンター試験という名前は廃止され、 大学入学共通テストという名前になりますが、現在はまだマークシート式のセンター試験がメイ…

もっと読む→

センター試験5割ってどのくらい!?到達法やそこからの勉強も解説!

来たる1月、ほとんどの受験生にとって避けられないセンター試験がやってきます。 2021年度入試からセンター試験という名前は廃止され、 大学入学共通テストという名前になりますが、現在はまだマークシート式のセンター試験がメイ…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧