予備校エース

予備校エース

予備校エースの特徴

医学部予備校ACE Academyの特徴は、何よりもまず医師が医師が運営・指導を行っているという点です。
にもかかわらず、東京にある医学部予備校の中でも最安値という点も特徴的です。
また、医学部受験において最適な指導を行っているため医学部への高い合格実績を実現しています。
高い合格実績を実現している理由として、医師が直接指導をしていることが挙げられます。
運営・指導を行う医師も医師になる前は、当然医学部に合格するために勉強をしてきているため、
医学部合格においてのポイントがわかっていて、それ故に高い合格実績が実現できるのです。

予備校エースの教育理念・指導方針

予備校エースの教育理念・指導方針 予備校ACEの教育理念は、「医学部に合格できる人」になるための指導です。
予備校ACEがこのように考えるのは、今までに医学部受験生を指導してきた中で予備校に入り、
成績を大きく伸ばし医学部に合格した生徒と成績が伸びずに合格できなかった人との違いを見つけたからです。

それは「考え方」と「習慣」です。
その中で、「規律を守る習慣」・「努力を継続する力」・「集中力」・「考える習慣」・「自己分析力」・「判断力」・「独りで戦う力」・「自己管理力」は非常に重要だと考えています。

また、これらの能力は医学部合格にはもちろん、
社会に出てから困難な目標を達成するために必要なものだと考えられます。

そのため、予備校ACEでは規律を守り最大限の努力をすることが当たり前の環境を用意しています。
生徒に最大限の努力をしてもらうために、無駄を省き学習効率を徹底的に追求した指導システムを採用しています。

まず、予備校ACEでは集団授業を一切行っていません。
集団授業を行うと無駄な時間が多いため、生徒一人一人の演習時間が確保できないために個別授業を採用しています。
個別授業では、生徒一人一人に対して個別でカリキュラムを作成しているため、個人個人に合った授業を行ってくれます。

予備校エースの講師について

予備校エースの教育理念・指導方針 予備校ACEは医師が運営・指導をしており、講師の8割以上は予備校ACEの卒業生の医学生を採用する他、関東圏の難関医学部の医学生を採用しています。

また、予備校ACEの指導経験から生徒の成績を伸ばすには学力があるだけの講師ではなく、
熱心さや生徒のモチベーションを引き出せるような講師ということがわかっているため、
講師採用にはパーソナリティ的に優れているかを最も重視しています。

そのため、生徒と講師間のコミュニケーションも円滑に進めることができます。
もちろん、受験校の選択や教科の選択などは医学生の講師が行うのではなく、医師である運営側が指導をしています。
講師は基本的に、質問対応と生徒面談を行っています。
さらに、講師は定期的に契約更新を行うシステムなので常によりよい講師が生徒の対応をすることになっています。

予備校エースのサポート体制

予備校ACEでは医師が運営しているため、正しい医学部の受験情報が提供できるとともに、受験校への最適なアドバイスを行うことができます。
医学生の講師と生徒で面談なども行われているので、コミュニケーションもしっかりととることができます。
また、個別授業を行っているために生徒一人一人にあった過去問や正しい勉強法を行うことができるために、高い合格実績を掲げています。
その他に、塾に直接足を運ぶのではなく通信生という形でも授業を受けることができるほか、
遠方からの通塾を考えている方は予備校ACEが提携している寮や一人暮らし用マンションも用いることができます。

予備校エースのコースと料金

予備校エースの教育理念・指導方針 予備校ACEでは主に4つのコース
浪人生・多浪生コース
入塾金:5万円(税抜)
月額:10万円(税抜)

再受験生コース
現役生(高3・高2・高1)コース
入塾金:5万円(税抜)
月額:5万円~7万円(税抜)

通信指導コース
月額:3万円(税抜)

に分かれています。

コースではないのですが、「模試の成績が基準値以上」もしくは「私立医学部の1次試験通過」のいずれかを満たしており、
かつ面接に合格すると特待生という形で入塾することができます。
現役生(高3・高2・高1)コースのうち高3の生徒は通塾回数を自分で週3回か週2回と選択できるので自分に合った回数で授業を受けることができます。
また、どのコースも医学部専門予備校としては学費が安いのですが
これにはいくつかの理由があります。
一つには医学部合格にとって不要なものはすべて排除し効率化を行っている、メディア掲載などの広告費を一切かけてないことが挙げられます。

予備校エースの合格実績

合格実績としては、神戸大学や横浜市立大学や広島大学などの国公立医学部、日本医科大学や昭和大学や東海大学などの私立医学部が挙げられます。

合格者の中でも、偏差値を1年で62から76.8まで上げた人や偏差値40台から1年で昭和大学医学部へ入学した人がいます。
ここからわかる通り、成績がもともと低かった人やある程度成績がとれていてさらに成績を伸ばした人がいるので、
様々な人が予備校ACEで自分の目指している大学へ入学できたことがわかります。

こんな人におすすめ

予備校ACEは効率よく医学部へ入学したいという方におすすめです。

何度も書いているように講師や運営・指導している方は医学生や医師であるので、
医学部に入学するためにはどうすればいいのかが予備校ACEはよくわかっています。

さらに、授業でも集団授業を行わないなどのシステムをとり
生徒の演習時間ができるだけ多くとれるようにしているので
医学部への入学を目指している人にはもってこいの塾です。

また、医学部専門予備校に入塾したいけど毎月の学費が高いと思っている人も
予備校ACEなら格安で授業を受けることができるのでおすすめです。

入学・申込までの流れ

予備校ACEへの申し込み方法はメールのみの対応となっているので、
入学申し込みはまずこちらお問い合わせフォームから必要事項を記入しましょう。
その後、通塾希望者は簡単な面接を行い入塾可否を審査します。
面接と言っても、学力を図るものではなく予備校ACEのシステムを理解しているか勉強への意欲があるのかを審査するものとなっています。
気を付ける点として、見学や体験授業などは一切行っていなく、
またパンフレットや資料もないのでしっかりホームページを読んでから入塾するかどうかを決めましょう。

予備校エースの口コミ・体験談

実際に通っていた生徒の声をご紹介します。

1冊の問題集を何度も繰り返すことで、上滑りなく基礎の習得を行うことができました。
また、医学部入試には応用問題を解く力よりも、いかに基礎の抜けを作らないかが重要であるということを面談を通して知ることができました。
また、思いついたままに勉強を進めるのではなく、常に優先順位を考えて課題を進めたことで上滑りなく課題を進めることができました

慈恵会医科大学/新潟大学医学部 合格体験記(1浪・女性)

当初は講義がないことに惹かれて入りましたが、最終的にはそれ以上のものを学べたと感じています。
塾生ページの資料にあるような、試験の解き方や問題集の取り組み方、考え方や習慣を身につけることが医学受験において本当に重要だったと思います。
高校の同級生で医学部を志望している人は難易度の高い問題に取り組んでいましたが、この塾の過去の卒業生の体験記などから基礎問題集だけで医学部に合格できることが分かっていたため、周りに惑わされることなく学習できました。
上滑りせず基礎を徹底したことが合格に繋がったと思います。

日本医科大学、昭和大学医学部 合格体験記(現役・男性)

面談して初めて気づくことも多かったです。
不安なときは、すぐに講師にアドバイスをいただくことで切り替えることができました。
不安に思ったところは躊躇せず相談することが大切だと思います。
またモチベーションが下がってしまったときに自分に足りないところを指摘していただくことで気が引き締まりました。
面談前は話す内容を前もって整理しておき、面談が終わったらすぐに内容をまとめ次につなげていました。
受験勉強において講師との面談が最も励みになったと思っています。

日本医科大学、昭和大学医学部 合格体験記(現役・女性)

Column

最新コラム一覧

【2020最新】関関同立の偏差値は?|倍率や入試対策も紹介

「関関同立を受験したいけど、レベルはどのくらいなの?」 「関関同立の偏差値の序列は?」 「関関同立の倍率はどれくらい?」 あなたは、このように考えていませんか?   関関同立のレベルについて、正しく把握しておか…

もっと読む→

関東の大学群「成成明学獨國武」とは?偏差値の序列、日東駒専・MARCH・関関同立との違いも解説

皆さんは「成成明学獨國武」(せいせいめいがくどっこくむ)という大学群の呼び方をご存知でしょうか。 「成成明学獨國武」とは、入試難易度が「日東駒専」と「MARCH(マーチ)」の間に入る6つの大学をまとめて呼ぶ際の通称です。…

もっと読む→

MARCHの大学や偏差値、入試難易度をMARCH合格者の私がぶっちゃけます!

「マーチってどんな大学があるの?」 「マーチのそれぞれの大学の難易度は?」 この記事をご覧になっている方はこうした疑問を抱いていることでしょう。 マーチとは、入試難易度や偏差値を規準とした大学のカテゴライズのうちの一つで…

もっと読む→

京都産業大学 偏差値

京都産業大学(KSU)の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「京都産業大学ってどんなところだろう」 「産近甲龍の産とは聞いたことがあるが、他の3校との違いはどこか」 「京都産業大学の受験対策を知りたい」   そんなことを考える人もいるでしょう。   そこで今回…

もっと読む→

関西学院大学_偏差値

関西学院大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西学院大学のレベルを知りたい」 「関西学院大学の雰囲気はどんな感じなのか」 「関西学院大学の入試対策に必要なことは何か」   そのようなことを考えている人もいるでしょう。   そこで今回は、関西学…

もっと読む→

龍谷大学 偏差値

龍谷大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「龍谷大学ってどんなところだろう」 「龍谷大学の名前は聞いたことがあるけど、特徴をもっと知りたい」 こんなことを考える人もいるでしょう。   そこでこの記事では、龍谷大学についてご紹介します。   大…

もっと読む→

関西大学 偏差値

関西大学の偏差値を解説|共通テストボーダー得点率、入試倍率、受験対策の方法も紹介

「関西大学ってどんなところなのだろう」 「関関同立の1校とは知っているけれど、それ以外のことはあまりよくわからない」 「関西大学のことをもっと知りたい」 こんなことを考えていませんか?   大学の評判は、人から…

もっと読む→

阪大

阪大の受験対策におすすめの予備校・塾7選|阪大の難易度、勉強のポイントも解説

「阪大に行きたいけど、どう勉強すればいいのかわからない」 「阪大合格に適切な予備校や塾がわからない」 このように悩んでいる人も多いと思います。 そこで今回は、阪大受験を考えている人に向けて、阪大受験におすすめの予備校・塾…

もっと読む→

自宅浪人を成功させるポイント

自宅浪人を成功させる7つのポイント|宅浪のメリット、理想の年間スケジュールも紹介

「自宅浪人したら合格しにくいって本当?」 「自宅浪人を成功させる方法はない?」 このような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか? 特に、自宅浪人の場合はネガティブな噂を聞くことも多いので、心配になるのも無理ないで…

もっと読む→

関関同立

関関同立とは|序列や偏差値、march・産近甲龍との違いも解説

「関関同立にいきたいけどどうやればいいのかわからない」 「関関同立の特徴がわからない」 このような人も多いと思います。 そこで今回は、進路を考えている方に向けて、関関同立についてまとめました。 関関同立内での序列や偏差値…

もっと読む→

左
左

Category

カテゴリ一覧